トップへ

NEW販売中のTKフォントすべてを単体購入時の30%OFFで購入できる「TKフォントコンプリートパック」の販売を開始しました!(→詳しくはこちら

NEWTKフォントのライセンスを追加購入できる商品を販売開始しました。これにより1アカウントにつき1つしか同一商品を購入できないBOOTHでも、後からTKフォントライセンスの追加が可能となります。(→詳しくはこちら

絶体絶命!!ノイズ復活とプリキュアの決意
2011/12/28 09:39
スイートプリキュア♪


『ドレラド~♪聖なる夜に生まれた奇跡ニャ!』


録画したものを鑑賞終了した。




加音町はクリスマス♪
そして調べの館ではクリスマス・コンサート♪♪



――でもファルセットがついに不幸のメロディを歌って…ノイズは復活し、町のみんなは石にされてしまった…。



ノイズも復活してしまったな…。
パイプオルガンも、せっかく音吉さんが長い時間をかけて作ったのに、プリキュアの4人を守るのが精いっぱいだなんて…。



幸せをみずからの手でぶち壊す…。


そんなことしてるノイズって、何も思わないのだろうか?


人それぞれ、いろんな幸せがあるけど、どんな幸せも幸せであることに変わりはない
それをぶち壊すなんて、本当に許せない。




…そして伝説の楽譜がネガトーンに(なった)。


だが響はネガトーンに向けて、こんなセリフを吐いた。



「あなたは‥‥ずっと幸せのメロディをみんなに届けてきたんだよね‥‥。
きっと誰よりも…みんなを楽しませてきたんだよね……。

音楽は…人を楽しませるものなのに…

ごめんね…私に力がないばかりに……あなたをこんな目に……。」




もちろん響は何も悪くない。
悪いのはすべてノイズだろう。


でも窮地に立たされ、残された人々はみんな、響みたいに「自分が悪い」と思ってしまうんだろうな‥。



「悔しいよね…。 私も悔しい。
いつもみんなに助けられて…励まされて…元気をもらってた。
なのにみんなを…大切な人たちを……守れなかった…。」



‥‥関係ないようだけど、『東北地方太平洋沖地震』(東日本大震災)の被災者の人たちも、こうやって自分のことを責めていた人もいたと聞く。
あの時ああしていれば、こうしていればって。
ふと、そのことを思い出してしまった。



…もしかしたら、これは誰も悪くないのかもしれないな。
おかしな考え方かもしれないが、ノイズだって、何かに苦しめられていて、邪悪な存在となった…?


もしそうだったとしたら…誰も責められなくなる…。


じゃあなんで人は誰かを責めるんだろう。


本当にその人が悪かったら別だけど、その人自身も苦しめられていて、悪い存在になったのだとしたら、本当は責めてはいけないのかもしれないな。
きっと「どうしたらいいかわからない」「もうどうすることもできない」って気持ちから、自分の気持ちをぶつけるところがなくなって、【誰か】に向いてしまうんじゃないかって思った。




でもプリキュアは決意したんだな。
そのまま終わらせないと…。


「私たちの鼓動が刻まれる限り、終わっていない。

だから私たちは……

絶対にあきらめない!!」



そんなプリキュアたちの決意によって、プリキュアの胸の奥から(?)ハートのト音記号が生まれ、モジューレに入っていった…。
だからまた4人は、プリキュアになれるようになった。



……僕はスイートプリキュア♪しか知らないけど、少なくともこのシリーズのプリキュアって、【絶対】という言葉を…何というか…プラスな意味で使ってるよね。


「絶対に無理」とか、「絶対にできない」じゃなくて、「絶対に許せない」とか、「絶対にあきらめない」って、プラスな意味で、強い決意のもと、【絶対】って言葉を使ってる気がする。



これは見習わないといけないな。
【絶対】は存在しないけど、こういった決意であれば存在するかもしれない…。
それは「絶対に~やらない」「絶対に~する」と、どんな決意であっても、【絶対】って言葉は使えるんだな。


「できない」なんて言葉は決意でもなんでもないし、可能性そのものを否定してしまう。
だから決意とか以外の意味で、【絶対】って言葉を使うのは、あまりいいことではないのかも。




――話を戻す。


ノイズはメイジャーランドに向かい、プリキュアもそのあとを追ったが…果たしてどうなるのか。


いよいよクライマックスだな!!
次はどんなおはなしかって、マジで楽しみ♪♪(←17歳の高校生男子がこのセリフw)




プリキュアたちの今後に期待して、
ィヨロシク!!~♪




≪追伸≫

今回はバスドラとバリトン、出て来なかったな…。


あと、次回の放送は2週間後の1月8日らしい。
それまでィヨロシク~。

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント