トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.6.24
TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もアップデートできます。
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2011.01.19(Wed) 18:28

2つのモダンゴシック…駅構内でまさかのコラボ!?

今日の帰り、いつもの駅の構内ですごい発見をした!




なんとあのとってもそっくりなモダンゴシック2つが、わずか数メートル圏内で互いに使われていたのだ!


110119_123712.jpg



これは駅構内の階段の上のへりのところに貼ってあった注意書きだ。


上の2つの画像はくっつけておいた。
バラバラにしたら日記に貼りつけるのめんどくさいからなw(殴)




2つとも、まったくおんなじ注意書きなのだが、文字の形が微妙に違うのがわかるだろうか?


実はこの2つの文字、フォントはそれぞれ似て非なるまったくの別物なのだ!



おそらく画像下のフォント『新ゴ』は誰でも見たことがあるはずだ。 モリサワという会社のフォント。 大阪にある。
お菓子なんかのパッケージからテレビのテロップ、その他いろんなところで、毎日嫌ってほど目にしてるだろう。


そしてその上のフォント『角ゴシック体Ca』は、キヤノンのフォント。
キヤノンはお馴染み、カメラだのプリンターだの電化製品を作っている会社。
もうすでにこのフォントの入ったパッケージは生産中止してるから、手に入れるのは極めて難しいけどな。



それぞれの書体見本は、


角ゴシック体Caは⇒☆彡

新ゴは⇒☆彡


↑どっちも画面内のどこかにある。




おんなじ内容の注意書きなら、フォントも含めて何もかも統一して、コピーして貼りまくれば済むことなのに、わざわざ数メートル圏内に貼る数枚の注意書きのフォントを変えてみるってのには驚いた。



だが、もしかしたらこの2つの注意書き、内容が同じなだけで、貼りつけられた時期はまったく違うのかもしれないな。


同じ注意書きでもフォントが違うのは、そのためかも。




今度は角ゴシックCaじゃなくて、写研フォントの『ゴナ』を見てみたいな!


ゴナと新ゴがおんなじ場所でコラボって‥‥ありうるかな??




みんなもこういうの見つけられたら見つけてほしい!
きっと楽しいから!


ぃよろしく!!
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント