トップへ

新セット商品「天使と悪魔セット」販売開始! 2書体4フォント収録で5,000円(税抜)。ご検討ィヨロシク!!(→商品ページへ

死にたくない!!体が悲鳴を上げた!?
2011/08/03 15:14
〆乱文に注意!!
〆「自殺未遂」の話です。 嫌な人は見ないでください!!
〆それほど刺激は強くありませんが、写真(傷跡)があります!



以上のことを踏まえて、下の「続きを読む」をクリックしてください。
(※携帯からアクセスの場合、「続きを読む」はございません。)








――かなり言いにくいことだが、ちゃんと記録しておこう。




午前中、自殺未遂してしまった…。


って突然すぎるな。



まず言っておくが、今は大丈夫だ。
もうその心配はない。
落ち着いたから‥‥。


【takumiは死んでいません!!!】




実は午前中――いや、今朝起きた時、なぜか「死にたい」気持ちが異常に強かったのだ。


その時は死にたいばかり。
何も思うはずがない。
だが今考えると怖い。
頭のすべてが「死にたい」って気持ちに支配されてる感じだ。



朝はただひたすら、首つり自殺の方法を調べていた。


なぜなら、首つりはもっとも楽な自殺方法だと聞いていたからだ。



――ここ数日、僕は「死にたい」とやたら思うことを嘆いていて、それをブログでも吐きだしていたと思う。


だが、“周りの人が悲しむ”…そして、“本当は死にたくないんだ‥”って気持ちの方が強かったし、計画を企てるようなことはあっても、実際にそれを実行したりすることはなかった。




でも今日は‥‥
ただひたすら死にたい気持ちで、頭が洗脳されていた。
そう思ってた時は理性が吹っ飛んでしまっていたから、冷静に物事を考えることなどできなかった。


「誰かが悲しむ?⇒関係ない。」
もうほんとにこんな感じ。
普段はもちろんこんなこと考えない。
死にたいって思ったって、周りの人が悲しむとかちゃんと頭に思い浮かんで、感情制御できてたし。



‥‥どころか、楽しいこと、苦しいこと、その時いろいろ頭に思い浮かんだのだが、どれもこれも「どうでもよく」なった。


もう少しわかりやすく言うと、すべてが苦しいことのように思え、ますますつらくなり、自殺願望が高ぶった。



僕は母親の手伝いだけひと通り済ませて、ひたすら自殺の方法を調べていた。



――ここまで読んで不快になった人、ごめんね。
でも僕は決して、物事を変に装飾して書いたりするつもりはないから。
実際にあったこと、やってしまったことをそのままここに記す。




調べ始めて3時間近く経った時、ネットの履歴をすべて消し、遺書だけ書いてついに自殺を実行する……



前述のように、首つり自殺しようと考えていた。
首をつるのにちょうどよさそうだからと、手さげバッグの紐を選んだ。


手さげバッグの紐は短いから、まず首にかけてからトイレのドアノブに引っかける…。



そして――


身体の力を抜く………



首つり自殺は、実行から7秒ほどで意識喪失すると聞いていた。
(※首の動脈が圧迫され、脳に血液が回らなくなるため。)
だから楽に死ねると思ってた。



でも‥‥


やっぱり僕の体は素直だった。


【死にたくない】ってさ…。



僕はまったく意識してもないのに、いきなり身体が痙攣(けいれん)し始めた。
もとい、痙攣というレベルじゃない。
頭から足先まで、身体全体が震えて、暴れている(もがき苦しんでる)ような感じだ。


これは決して、僕の意志でやったわけじゃない。
身体が勝手に動き出したのだ。


さらには頭が一気に熱くなった。
(あとから鏡で見たら、顔が真っ赤になってた。 怖いくらい!)




――そこで僕は我に返った。
すぐに紐を外した。



その後大泣きして、【死にたくない!】と。
そして知り合いの人に、それまでの経緯と、最近の悩みなんかを相談した。




おそらくここまで読んだ人は、不快な思いをしたと思う。 申し訳ない。
それと同時に、「自殺しようなんて最低!」って思って、批判したくなった人もいるだろう。



でも少しだけ言い訳させてほしい。


「僕だって心の底から死にたくてやったわけじゃないから…。」



きっかけはない。


確かに最近、将来のこととか、今の勉強のこと‥‥で悩んでた。
それで「死にたい」と思ってたのも事実だ。
だが僕の理性は「生きたい!」と思ってた。


【死にたいけど生きたい】
【生きたいけど死にたい】


これが最近の僕の気持ち。


でも当然、生きたい気持ちの方が強かった。


だから今、生きていられるのかも。
首つり直後に激しい痙攣を起こしたのは、もしかしたら体が「生きたい!!」って、悲鳴を上げたのかもしれない…。




こんな暗すぎる話してごめんね。
今は本当に大丈夫だから…。


だが、今後しばらくは注意した方がよさそうだ。



――正直、こんな自分が憎いよ。


死にたいとばかり考えてさ~、現実逃避するのってどう思う?
いけないことでしょ??
だから憎いんだよ。



特別生死に関わる病気を抱えてるわけでもないのに、どうして僕はこんな親不孝なことするんだろう……。


自殺未遂は過去に数回したことがあるが、遺書を書いたのは初めてだ。
(※その遺書は正気に戻ったあと、電動シュレッダーで砕いてグシャグシャにしてわからないようにしておいた。)




自殺とか嫌だ…。


なのに何でやるんだ?
死にたいのか?? そんなに??


死にたくない!!


だったらなぜ……??


わからない…。




しばらくは不安定な日々が続くと思うが、許してほしい。
こういう日記ムリって人は、あんまりこのブログ見ないようにした方がいいかも…。


でもこんなブログだけど、いつも見てくれてるみんなには感謝する。
ありがとう。




最後に…


これは僕がやらかしたことだ。
最低のミスだ。
忘れちゃいけない。


首に紐を引っかけて、その傷跡が首に残った。
その写真だけ公開して終わりにしようか。



それじゃあまた、
ィヨロシク!!




悲しい記憶

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント