トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.6.24
TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もアップデートできます。
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2011.01.09(Sun) 01:57

これは新ゴか?崩れかけたフォントの謎

新たなカテゴリー!
その名も『戯言』!!


もちろん、フォントについて語っていくから、フォントについての“戯言”だ。


実はこのカテゴリー、『たわ言』にしようか『戯れ言』にしようか、名前をどっちにしようか迷ったのだ。
僕は後者の方が好きだが、意味合いで考えると前者の方が正しい…。



――いろいろ迷ったあげく、『戯言』にした訳だ。
戯言は“ざれごと”とも“たわごと”とも読む。
どっちで読むかは、皆さんにお任せします(笑)。
(ちなみに僕は、これ打つ時は“ざれごと”で変換していますw)




↑まさにこれが戯言だ(笑)。


本題に入ろう。



『教えて!goo』で見かけたこのフォント。
画像を見てほしい。


新ゴ?


▲これ、モリサワの『新ゴ』に見えるのだが…


本当に新ゴだろうか…?


「ま」の1画目と2画目がやたらくっついている。
これはなぜ??
画像編集ソフトでうまくできなかったから??
字形が崩れかけているのがどうしても気になる。


違うと思うが、アーフィック(日本での販売はシーアンドジイ)の『AR 丸ゴシックE』に見えなくもない。


AR 丸ゴシックEは、下の画像のようなフォントだ。


AR丸ゴシックE


――どう見ても違うか(笑)。



でも一時、教えて!gooでこの「さぁ、質問しましょう!」の文字が、AR 丸ゴシックEみたいなフォントになってるのを見たことがあったような気がする…。
その当時から僕は、「このフォントは新ゴとは違う。」と思っていたが、やっぱり新ゴだろうか?




こういう中途半端に謎めいた感じも少し楽しいw
わかるようでわからないからいいんだよな~。


でも最終的にはやっぱり真実が知りたいけどww


「真実はいつもひとつ!!」(コナン風に)
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント