トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。

2020/04/30

FontStreamで使えるtakumi書痙フォントのWebフォントでも「令和」の合字が使えるようになりました。この機会にtakumi書痙フォントをぜひご検討ください♪(→詳細へ

2020/01/23

作品集に「イラスト(pixiv)」が加わりました! お暇な時にでもどうぞ♪

2019/12/21

長らく準備中状態だった「自作ゲーム」(WWA)をアップしました! PLiCy経由でプレイできます。

2019/11/04

フォントは、最新macOS 10.15(Catalina)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。

2019/06/24

TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もBOOTHの「購入履歴」よりアップデートできます。

Sometimes your choice of words become a knife

昨晩、夢の中に現れたのは、手品先輩(同タイトルの漫画の女性キャラ)。
なかなかエロい夢だった記憶があるが、あまりよく覚えていない…(涙


昼過ぎ、新しい訪問看護ステーションの看護師に初対面。
今後は2週間に1回、土曜日に来てもらうことになる。

悪い人ではなさそうだったが、良い人かどうかもわからない。
人を家に入れたくない気持ちと、そもそも人に自分の胸中をあれこれ話したくない気持ちと…。
そういう人間からすると、シンドイね、コレ…。



――自決された女子プロレスラーの方がいた。
いろいろ溜まりに溜まっていた想いはあったのだろうけど、そこにSNSで受けた心ない投稿により追い打ちをかけられた、って説もあるみたい。

殴る・蹴るとかナイフで刺すとか銃で撃つとかいう形での暴力行為や殺人行為は取り締まれても、そんなんじゃ被害者が守られないケースも往々にしてあるわけで…。

お亡くなりになった方は、どういう気持ちであの投稿に「いいね」したのだろう。
何気ないひと言が相手を大きく傷付ける、という奴かな。

ただただ張本人を咎めたくなるが、かくいう僕もどこかでやらかしているかも。
そんな気持ちを巡らすと寒心に堪えない…。


以上、ィヨロシク!!


DSC_3837.jpg
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント