トップへ

FontStreamで使えるtakumi書痙フォントのWebフォントでも「令和」の合字が使えるようになりました。この機会にtakumi書痙フォントをぜひご検討ください♪(→詳細へ

I made it finally☆

どうにか職場に着いた。

さぁ、どう残りの1日を乗り切るか…。
ま、1週間療養直後に「電車に乗って会社までたどり着く」ことを達成したのだから、今日はもうこれで及第点、いや120点くらいあげても良いんじゃないのか(笑)。

この記事は予約投稿にしてあるけど、仕事に行っているはずの僕が、具体的にどのタイミングでどうやって投稿したのかは聞かないで~~(^_^;)
(会社までたどり着いたこと自体は嘘でなく本当だからね)



――昨晩の夢の中での話だが、職場に行く際に電車を乗り過ごした。
すぐに反対側の電車に乗れば良いのに、僕はなぜか乗り換えをせず、そのまま揺られて遠くまで行った。
どこまでもどこまでも……乗り続けた。


そうして気付いたら、全く見たこともないような土地にいた。
田舎だったような気がする。
本当に僻地というにふさわしく、バスもまともに通っていなさそうな場所。
植物の匂いがあちらこちらから漂っていた。
だって駅を出てすぐ目の前には、山がそびえ立っていたからね(笑)。

電車に乗っていた途中、こりゃ会社遅れるな…連絡しなきゃ、と思っていたのだが、そう思いつつも、何の連絡も入れず本気の焦りもなく、流れに身を任せて遠くへ来た僕。

確か山の近くの駅に着いた時に腕時計を見ると、始業時間を過ぎていた。
やらかしたなぁ、と思いつつも、まぁいっか、と割り切っていた。


この夢、今の僕の本当の気持ちがよく表れていたと思う(笑)。
それくらい都会の喧騒とは無縁な場所に行きたいのか、移住したいのか、そういう欲があるのかもしれない。

コンビニもブラブラ楽しめる商業施設も、PC・スマホもゲームもない場所。
会社や学校とも全く無縁の場所。
あくせく働く・勉学に励む現代社会に生きる人にこそ、必要な場所なのかもしれないな…。


以上、ィヨロシク!!
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント