トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。

2020/04/30

FontStreamで使えるtakumi書痙フォントのWebフォントでも「令和」の合字が使えるようになりました。この機会にtakumi書痙フォントをぜひご検討ください♪(→詳細へ

2020/01/23

作品集に「イラスト(pixiv)」が加わりました! お暇な時にでもどうぞ♪

2019/12/21

長らく準備中状態だった「自作ゲーム」(WWA)をアップしました! PLiCy経由でプレイできます。

2019/11/04

フォントは、最新macOS 10.15(Catalina)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。

2019/06/24

TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もBOOTHの「購入履歴」よりアップデートできます。

Get to be better than yesterday

3月3日。
そうか、雛祭りか。
ここ何日間か、いつから朝でいつまで夜だったのか、いつ日付が変わったのか、完全に感覚が抜けていた。


休校とのことだが、子供たちは普通に学校の校庭を使って遊んでいた。
道端でも、商業施設でも、たくさん見かけた。

マスクをしている人もいたが、鼻を覆えていなかったり、顎にマスクをかけていたり…。
そもそもマスクで菌やウイルスの口腔・鼻腔内への侵入をブロックできると本気で思っているのだとしたら、ちょっと僕には考えられない世界。

なんかもうアホ過ぎて笑うしかないし、アホ過ぎてかわいそうに思えてくる。
でも、それが大多数の人間の考えることなのかな…。

アレコレ真面目に考えるのってすごく野暮だ。
そこに気付けず変な真面目さと当たり前とmustな考え方をゴリ押ししたがる僕の方がむしろ「アホ」かもしれない(笑)。



――体重がこの1週間か10日かわからないが、短期間で4kgくらい激減していた。
服を着たまま測ったのに、中学生くらい以来見たことのない数字が…。

初めて、体重が減ることに恐怖感を憶えて、思わずめっちゃ笑った。
体重が増えて危機感を憶えることはあったが、減ることがここまで怖いとは…。

家族からも、ふっくらしていた顔がゲッソリこけて気持ち悪い、と言われる始末。
腰回りも腕も太もももキツくてまともに穿けなかったズボンが、ズルズルとずり落ちてしまう。

さらに足も小さくなったようで、いつもピッタリフィットする靴がブカブカ。
一度成長した足がまた小さくなることってあるんだね…。



死んでしまいそうな心身を引きずって病院にも行ってきた。
胃の痛みに関しては、また薬を変えて改善を試みることになった。

もう「薬ではどうにもならない世界なのだと僕は思います…」と話したら、「否定はせえへん」と主治医。

もし新しい薬で上手く改善しないようなら、一応精密検査を受ける…ことになるかも。
主治医が即、その時は紹介状書いたるからな、と。

あ、ちゃんと向き合ってくれているんだ。嬉しいな~。
それだけで気持ちがいくらか救われた。


大部分の改善は、そんなに長い時間はかからないと思う。
そのためにも今はひたすら、思うままに時間を使って、心身のバイオリズムに全て任せるような気持ちで静養することが大切だな…。


以上、ィヨロシク!!


DSC_2110_1.jpg
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント