トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2019 11/15 (Fri) 17:12

この社会にも責任アリ?京アニ放火事件 容疑者が反省の言葉

今週も1週間お疲れ様でした~。
来週の月曜日(18日)は、『すみっコぐらし』の映画を見に行くので、会社は休むことになった。(気楽にやれば良い)



7月に起きた、京アニの放火事件。
容疑者の容態は回復傾向に向かっており、口を利けるほどにはなってきたそうだ。

意外なことに容疑者は、「ここまで人に優しくされたことはない」「道に外れることをした」という旨の発言をしたという。

…ま、そこは容疑者も人の子なんだな。
無論それは、容疑者を許して良いということではないが。
猛省してどんなに謝罪の意を述べたり金品で罪を贖おうったって贖いきれないほどのことはした。
本人が認識している(?)通り、死刑でほぼ確定だと思う。


ただ……こういう悲しい事件が起きる度に、犯人のことをただ咎めるだけになったり、事件の凶悪性を語ったりするだけになりがちだが、この社会の中で起きた事件である以上、この社会にだって罪はあるんだよね。
容疑者をそういう気持ちに仕向けた原因が、社会の特定の何かだけ・誰かだけではないけど、さまざまな要因がある。
その要因をひとつひとつ拾い上げて、全てと向き合うことをしなきゃ、たとえこの京アニの容疑者にどんな重罪を課したとしても、違う場所でまた悲しい事件が起きるんだよ。

もちろん、事件を起こしたのは容疑者なんだから、容疑者が一番悪いことは大前提だけどね。

ただ、何か事件が起きる度に、凶悪性とか失われた人の話にだけ目が行って、物事の本質(どうすれば同じ過ちを繰り返さずに済むのか?)が見えていない人は多いように感じる。


とは言っても、大切な人をとんでもなく凄惨な事件で突然失ってしまえば……冷静さなんてなくなるのは当然だよな。
被害者遺族でも何でもない僕でもこの事件は悲しかったし、腹が立った。
これで家族や友達を失っていたら、間違いなく狂うと思う…。


以上、ィヨロシク!!


DSC_1838.jpg

いつもご訪問頂きありがとうございます。
記事をお読みになった後、良ければ↓をクリックして頂けると嬉しいです。

関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント