トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2019 09/02 (Mon) 00:00

未知たる機械の可能性…ララ様ありがとう AIに芽生えた"アイ"

『ララの想いとAIのキモチ☆』
ペンを盗んだ嫌疑をかけられ、逃げ続けるララ達。
しかし、何やら街が騒がしい…?と思ったら、サマーンの人達が襲われていた!
プリキュアであることはみんなに秘密……。でも戦うしかない!!


やっぱり懲りないアイワーンちゃん。
汚い女の嫉妬心だね…。
という表現は失礼か。

でもアイワーンちゃん、賢い子だったんだ。
コンピューターとか、その辺疎いんだろうな、と勝手に想像していたけど…。
本気で怒らせるとここまで怖いのか、とちょっと引いてしまった。


しかしAIさん、なかなかやるね。
意志を持たないまでも、有能になってきたんじゃないか?
人間の感情とは違っていても、AIさんなりのララちゃんへの思いを感じる。

AIさんの淡泊さがあまり好きじゃなかったのだが、ちょっと好感が持てた。
いかにも人間の愛情が芽生えた、というような嘘臭くわざとらしい形でなく、AIさんなりのララへの思いを見せてくれたのが嬉しかったな。

前作「HUGっと!」のルールーちゃんもそうだったが、たとえ機械であってもプリキュアになれるし、人間の感情に近いものを得られるようになっていく。
そんな過程を見せてくれるのがとても好き。

不器用な愛情だとは思うけどね(ゴメンネ)。
でもAIさんなりの意思を持って接してくれるのは、ララちゃんにしても本当に嬉しかったんだろうなぁと。


そんなAIさんやルールーちゃんとは裏腹に、惑星サマーンの人達は、悪い意味で機械に支配されているように思う。

機械の使い方、機械との向き合い方、そして心がある自分達にしかできないこと……。
ララちゃんが学んできたように、惑星サマーンの人達にも知って欲しいと思う。

あまりララちゃんの家族は、好きになれないな…。
ひかる達やAIさんと仲良くやって、家族とは隔絶された関係をたくさん築いて、ララちゃんには幸せになって欲しい。


それでは、今日もキラやば~☆な1日になりますように。ィヨロシク!!
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント