トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。

2020/04/30

FontStreamで使えるtakumi書痙フォントのWebフォントでも「令和」の合字が使えるようになりました。この機会にtakumi書痙フォントをぜひご検討ください♪(→詳細へ

2020/01/23

作品集に「イラスト(pixiv)」が加わりました! お暇な時にでもどうぞ♪

2019/12/21

長らく準備中状態だった「自作ゲーム」(WWA)をアップしました! PLiCy経由でプレイできます。

2019/11/04

フォントは、最新macOS 10.15(Catalina)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。

2019/06/24

TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もBOOTHの「購入履歴」よりアップデートできます。

独りぼっちのアイワーン…仇敵ブルーキャットへの復讐

『海の星!人魚になってスーイスイ☆』
ロケット修理のため、プルルン星にやってきたひかる達。
水の中が得意な人魚へと姿を変え、水中を散策する。
しかし、ユニを追ってやって来たアイワーンが彼女らの行く手を阻む…。


水の中に浮く島とは斬新だ…。

浦島太郎なんかもそうだけど、水の中で人が生きられるようなお話はいくつも描かれている。
水の中で生きるとか空を飛ぶとか、人類の永遠の夢なんだね。

でも僕だったら、水の中とか空の上とか、自分の住処じゃない場所は怖いな。
そういった気持ちを持たずに冒険できるひかる達は、無限の好奇心と勇気に溢れていると思う。


アイワーンちゃんも懲りないねぇ…。
心の居場所にしていたバケニャーンが実はユニちゃん(ブルーキャット)で、ショックなのはわかるけど。

でも同じようにユニちゃんだって、アイワーンちゃんの手によって、居場所を失くされたわけだよね。
互いが互いの過ちを認めて謝れるようになるまで、時間がかかるかも……。

プリキュアでこういう争いになるのを何度も見てきて、少しずつ恨みや妬みに流されず、自分だけの道を歩むことの大切さがわかってきた。

復讐とか逆襲とかしたくなる気持ちもあるけど、自分では変えられない他人ごときに振り回されないのも、「自分を大切にする」ための生き方だね。


それでは、今日もキラやば~☆な1日になりますように。ィヨロシク!!
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント