トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.6.24
TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もアップデートできます。
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2019.06.24(Mon) 00:00

ヘンゲン自在☆ヘンゲの術!?ブルーキャットの意外な姿

『銀河に光る☆キュアコスモ誕生!』
フワとペンを取り返すため、ブルーキャットを追うひかる達。
そこで彼女の本当の姿が明かされる。


ブルーキャットの本当の姿は、化け猫。
…と言ったら失礼なので、変化の術が使えるネコちゃん(笑)。


プリキュアは、「人間」の「女の子」がなれるもの。
それが当たり前だと思っていた。
しかし、前作「はぐプリ」からそうだけど、男性がプリキュアになったり、みんなプリキュアになったり、そして今度はネコ(異星人)までプリキュアに…。
今までの常識が次々に覆されて、25歳になったお兄さんは全然ついて行けない(^_^;)

だけど、常識とか当たり前なんてこの世にはない、ってことを教えてくれるね。
「こうであるべき!!」という考え方は誰しも抱いているけど、それは時に誰かを傷付ける、ということも。

コスモもきっと、そういう偏見の目を向けられたこともあったのだろう。
だからこそ、自分が使える変化の術で、身を隠していたのかもしれない。


メッセージ性があり過ぎて、思うことはたくさんあるけど、言葉にできないね。

当初は、新シリーズ(スタプリ)のテーマが「宇宙」と聞いて、ネタ切れ感も出てきたのかな…なんんて思ってしまったけど(正直)、むしろ逆かも。
新しい考え方を受け入れ、既成概念を打ち崩すことの大切さや面白さを、子供達に子供のうちに教えてくれる。
プリキュアは、そんなアニメになりつつある気がした。


いろいろ上手く言えなくてゴメンナサイ。

今日もキラやば~☆な1日になりますように。ィヨロシク!!
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント