トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.6.24
TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もアップデートできます。
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2019.06.16(Sun) 15:22

今日は何の日??長らく無縁の人生 胸に渦巻く不思議な思い

家族の風邪がうつってしまったようだ。
喉が痛いし、咳をすると黄緑がかった痰が出る(汚くてゴメン)。

明日と明後日と大事な日なのに、こんな時に困るなぁ。
ま、仕方ないんだけどね。


↓暗黒神ラプソーン(ドラクエ8)を倒して、めでたしめでたし~。
ラプソーン倒した1

ラプソーン倒した2



――「父の日」。

が、Twitterのトレンドに上がっていた。
そうか。今日はそんな日か。

僕が7歳の時に両親が離婚し、母が親権を持つようになってから、どんどん父と疎遠になっていった。
そして父自身も、僕に対して全く関心のない人で、向こうから連絡をしてくるわけでもなく、気付けば長い年月が過ぎていた。

だから、こういう日と僕は縁がない。

しかし幼い時は、母との2人暮らしに寂しさと劣等感を抱いていた。
僕はきょうだいがいるわけでもなかったからね。
徐々にその気持ちは薄れていき、家族の形など多様にあるし、何だって良いじゃないか、と今の僕は思う。

とはいえ、世の人達はだいたいそれぞれの父親と縁があるので、デパートなどに行って父の日の広告を見ると、上手く言えない何かが胸に押し寄せてくることがある。

もしかしたら未だに僕は、「母親だけでなく、父親のいる3人暮らし」に憧憬の念を抱いているのかもしれない。
父親がいた所で、仕事一筋で家族に無関心だったり、酒やギャンブルに耽って母や子供に暴力を振るったりするようなのだったら何にもならないから、バカバカしい考えだと自分でも思っているんだけどね。

だけどそれでも、僕が今までほとんど無縁だった3人家族の人生にちょっと思いを馳せるくらいは……許されても良いんじゃないかと思う。

思いを「断ち切る」のではなく、自分の気持ちを素直に「認める」ことをした方が楽だし、そんな気持ちと上手に向き合っていけるようになる、ということは、25年生きてようやくわかってきた。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0196.jpg
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント