トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。

2020/04/30

FontStreamで使えるtakumi書痙フォントのWebフォントでも「令和」の合字が使えるようになりました。この機会にtakumi書痙フォントをぜひご検討ください♪(→詳細へ

2020/01/23

作品集に「イラスト(pixiv)」が加わりました! お暇な時にでもどうぞ♪

2019/12/21

長らく準備中状態だった「自作ゲーム」(WWA)をアップしました! PLiCy経由でプレイできます。

2019/11/04

フォントは、最新macOS 10.15(Catalina)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。

2019/06/24

TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もBOOTHの「購入履歴」よりアップデートできます。

仲間と一緒なら三本の矢!?己を高める まどかの全国大会出場!!

『目指せ優勝☆まどかの一矢!』
「全国女子弓道王大会」に出場するまどか。
父のためにも絶対に優勝したい!と意気込んでいた。
しかし、強敵・那須ゆみかが現れ、ピンチに追いやられる――。


弓道。

…ではないけど、僕も柔道をやろうと思ったことがあった。
小学4年生の時に、地元の警察署でやっていた剣道教室の見学に行くも、その空気感が怖くて結局やらなかった…。

でも当時の僕には、やる資格はなかったと思う。
その動機が、「いじめっ子をやっつけたいから」だったからね。
今考えれば、身につけた武道で相手をやっつけようなど、下手したら相手よりも最低な話だが…。

自分が大人になってみて、ようやくまどかちゃんのように、武道をたしなむ人の気持ちがわかってきたかな。

今でも柔道なんかをやりたいとは思わないけど、武術を極めることで自己研鑽するのもひとつの道なのかな、とは思えるようになってきた。



それから、今回のゆみかちゃんのように、独りでいることだけが楽で、独りで何でもできるんだと思っていた時期が僕にもあった。

人の力を素直に借りられることができるのも、強さなんだと思う。
でも、人にそれだけの信頼を置こうと思うのも、また難しいことだけどね。

まどかちゃんのお父さんも、難しい人だな、と思う面もあるけど、この人なりにまどかちゃんを思ってくれているね。
もう少し角が取れて丸くなってくれたらな、とも思うけど(笑)。


今回絆を深めたまどかちゃんとゆみかちゃん、また来年も同じ場所で会えると良いね。


それでは、今日もキラやば~☆な1日になりますように。ィヨロシク!!
関連記事

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント