トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.6.24
TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もアップデートできます。
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2019.05.10(Fri) 00:00

#17 ダイナフォント 平成最後の大きな決断?

1990年代中盤から、安価なTrueTypeフォントのパッケージ販売を始めたダイナコムウェア。
以後2020年東京オリンピックを控えた現在まで20年以上販売され続け、平成を支えてくれた。
他社も影響され、似たようなパッケージ製品の販売をしていたことがあったが、売り切り制のパッケージ販売では思うように利益が取れないのか、現在では販売終了してしまい、入手困難になった製品も多い。
その中でダイナコムウェアは、買い切り制フォントを長らく提供してくれた。

しかし3月、ダイナコムウェアからDynaSmartシリーズ大幅見直しの発表があった。
これにより、パッケージ製品「TypeMuseum」の販売が終了し、4月19日以降、同様のサービス(TrueTypeフォント)の提供は、『DynaSmart T』という新サービスにて行われる形に変わった。
例えば「3年版」の場合だと、TrueTypeフォントの3年分の使用権が2万円弱で提供される。
つまり、インターネット黎明期から20年以上続けた売り切り制のパッケージ販売を止めて、年間ライセンス方式に切り替えた、ということだ…。

年間ライセンスになることでメリットがあるとすれば、ダイナコムウェアいわく、「書体が追加され、話題の書体が使える」「オンラインインストーラで最新の書体環境を提供」してくれることだろう。
他社の年間ライセンス同様に、新書体を追加料金なしで提供してくれたり、フォントファイルに変更が発生した時に、迅速に対応してくれることを期待している。
早速の動きとして、5月末までに、ダイナフォント全書体が新元号「令和」に対応(合字を収容)し、DynaSmartシリーズのオンラインインストーラからアップデートできるようにしてくれるとのことで、楽しみだ。

それにパッケージ販売だと、ディスクを災害などで消失した時にサポートが受けられないと、悲惨な結果になると思う。
パッケージの販売開始から数年経てば、サポートが終了しちゃうし、サポートが続いていても、ユーザーの過失だとかウチは知らないとか言われたらユーザーは泣くしかないからね。
その点、年間ライセンスなら、最近はディスクを使わずにオンラインでフォントをインストールできるケースが多いし、契約解除しない限りはサポートも続くから、そこは安心だ。

ただ、やっぱり僕のようなフォントオタクは、フォントのコレクションを楽しんでいるし、パッケージでフォントを蒐集できなくなるのはカナシイ…。

フォントに限らず近頃は、まるで携帯会社との契約みたいに、月(もしくは年)ごとにお金を払って提供されるソフトウェアやサービスが増えている気がする。
サービスを提供する会社としては、安定した収益が得られる、というのが大きいのかな。
それに顧客がその会社と契約している間は、アップデートとかその他サポートとかがずっと受けられる、というのもメリットなのだろう。
ま、ユーザーの立場からすれば、「あ、結局利益なんだな」で片付く話なんだけど…(笑)。

しかし最近リリースされるダイナフォントは、「安いなり」のクオリティから脱却して、かなり力を入れているな、と僕は感じている。
ユーザーのニーズに応えることと、会社の利益と、上手くバランスを取ろうとしているな、と思うんだよ。
他のフォントベンダーの動きも意識しつつ、自社にしかできないサービス展開を目指して頑張っているのがわかる。

いつもフォントのことになると毒を吐く僕だけど、どこまでもついて行きたい、と思えるフォントベンダーはダイナコムウェア、だからね。
だからこの「令和」時代も、ダイナフォントと、ダイナコムウェアのこれからを応援し続けたいと僕は思う。

それでは、また来月の「フォントの独り言」でお会いしましょう。ィヨロシク!!


【参考にしたサイト】
・さらに使いやすく、「DynaSmart」シリーズが、4月19日に、生まれ変わります(2019.4.20閲覧)
https://www.dynacw.co.jp/news/news_detail.aspx?s=690&r=8
・文字文化を伝えるダイナフォントが、新元号「令和」の合字を日本語全書体に対応。(2019.4.20閲覧)
https://www.dynacw.co.jp/news/news_detail.aspx?s=695
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント