トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.6.24
TK-takumi書痙フォント」で、新元号「令和」の合字が入力できるようになりました(U+32FFに収容)。ご購入済みの方もアップデートできます。
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2019.03.21(Thu) 02:00

AIは人間を超えられない!?完成☆ひかるとみんなのロケット

『ワクワク☆ロケット修理大作戦!』
AIに役割分担をしてもらい、ロケット修理。
…なんだけど、みんな疲れてどんどん効率が落ちていく。
そこで皆は、AIの指示や効率に囚われない「自分だけのロケット」作りに臨む――。


プリキュアでもAIが登場。
進化したね~。

AIの登場で、長らく人間がやってきた作業を彼らが担うようになるんじゃないか、とも言われているよね。

しかしプリキュアでは、AIの便利さを見せつつも、「人間にしかできない」仕事もあることを教えてくれた。

今回のひかる達を見ていて思ったけど、人間は精一杯「休む」こと、そしてその時間を「楽しむ」ことで充電して、そしてまた頑張って…を繰り返す生き物だよね。
休みなく働いてくれる、効率の良い働き方を見いだしてくれるAIは画期的だけど、人間にしかできない仕事を人間がするなら、人間達が自分で効率の良いやり方を考えなきゃいけないよね。


…と話すと堅苦しいね。

日本の現代社会って、汲々と働くことだけを美化し過ぎているように思う。
今回のひかる達のロケット修理のように、「楽しみ」ももっと取り入れられたらなぁ。

前作「HUGっと!」のクライアス社もそうだったけど、働くことや働く人を取り巻く環境にプリキュアがフォーカスを置いてくれるのはイイ。

これを機に、日本の社会がもっと働きやすい社会の実現に向けて、動いてくれれば良いのにな、と思った。



しかし、ロケットを直しただけで宇宙に行けてしまったひかる達が羨ましい…。

死ぬまでに一度で良いから、宇宙から見た地球をこの目で見てみたいね。

幼い頃は、宇宙飛行士になりたい、と思ったこともあったけど、極度の運動音痴で運動障害もある僕には無謀だよ(´;ω;`)



それでは、今日もキラやば~☆な1日になりますように。ィヨロシク!!
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント