トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2018 11/11 (Sun) 09:05

振り返らない!立ち止まらない!明日を目指せプリキュア

『明日のために…! みんなでトゥモロー!』
ハリーの故郷であるというハリハリ地区に迷い込んだはな達。
そこに突如現れたリストルは、はな達を不思議な迷路へと追いやる。
はな達が目にしたものは、自分達が守ろうとしていた“最悪の未来”だった――。


はぐたんも、少しずつ言葉を理解してきたのかな。

「いたいのいたいのとんでけー!」
「ぷりきゅあ、あきらめない!」

自分の子でもないし、そもそも2次元のキャラクターだけど、我が子のように愛おしくなるね。


もし今回のはな達のように、タイプスリップしたりして自分の未来を見に行ったとして、そこが“最悪の未来”だったら、今の自分達はどう生きるだろう?

『ドラえもん』でもあったよね。
のび太が自分の悲しい未来を知り、でもセワシくんが、「未来は変えられる!そのために僕達が来た」と。

「未来」という言い方をすると遠い世界に思えるけど、結局「今」を積み重ねてきた結果がそれだからね。
コツコツと今を変えていくことをすれば、未来はいくらでも変わるのだろう。


タイムマシンなんてものがあれば…と言う人がいる。
確かに過去に思いを馳せるには良いかもしれないけど、先に進む糧にはならないし、それに、悪い未来を知った人は、今を前向きに生きることができなくなるかもしれない…。

過去に得た栄光を時々思い出して励みにしたり、過去のつらいことや反省点を思い返して次に進む糧にしたりして、「今」を変えていく。
それはアリだと思うし、そんなチカラを、これからのはな達には得ていって欲しいね。
はな達はまだ中学生だし、いくらでも可能性があるからね。


終盤にいきなり現れた、ルールーの生みの親であるドクタートラウム。
当のルールーちゃんはかなりご立腹だね。
派手な親子喧嘩が始まりそうな予感……!?



――次期プリキュアのタイトルは、『スター☆トゥインクルプリキュア』に決まったようだ。
もう今作も残り3ヶ月もないのか…毎年早い!

純粋にプリキュアを楽しむため、今作限りでプリキュア鑑賞日記をやめることを少し考えている。

来年から、いろいろ忙しくなりそうだし、心の余裕も昔に比べてなくなってきているからね。
ニチアサ、毎朝起きるのも少しつらい。

もちろんそう決めたとしても、プリキュア鑑賞は続けるつもりだけどね。
しばらく考えてみます…。


以上。次回にもフレフレ!と期待して、ィヨロシク!!
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント