トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.3.25
【過去にDLmarketでフォントをご購入頂いた方へ】
2019年6月28日をもって、DLmarketのサービスが終了するそうです。ご自身のPCからフォントファイルを紛失した場合、同日で再ダウンロードサービスが受けられなくなりますので、フォントファイルのバックアップをお願いいたします。

・詳しくは「DLmarket公式サイト」をご覧ください。6月28日までであれば、再ダウンロード依頼ができるようです。
・BOOTHでフォントをご購入頂いている場合、この話は関係ありませんが、何かあった時のために、フォントファイルのバックアップを取っておくことをおすすめします。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2018.12.8
TK-ステルスゴシック』の販売を開始しました。
2018.10.15
よくある質問」ページを再設しました。
2018.9.21
TK-takumiゆとりフォント』の販売を開始しました。
2018.8.28
TK-takumi書痙フォント』の販売を開始しました。
2018.8.27
9月中は、FontStreamで「takumi書痙フォント」のWebフォントが無料で使えます!
2018.8.23
TK-飴鞭ゴシック』の販売を開始しました。
2018.8.20
全てのフリーフォントを公開停止しました。(有料フォント『takumiハイカラフォント』『takumiステンシルフォント』は販売継続中です)
2018.11.10(Sat) 18:10

課題を糧に次への一歩!報道で多発 姑息な"訂正"

母が風邪を職場の人にうつされ、昨晩は熱が39度まで上がっていた。
今朝になり、37度まで下がったようだが。

その風邪、僕にもうつったかもしれない。
単なる疲れなのか、まだはっきりしないが、明らかに体調がおかしい…。
某所に寄稿する記事のこともあるし(後述)、まだここ2週間続いた用事の続きも来週以降にまたあるから、体調を整えて行かないと…。


先月末から現在までずーっと立て込んでいたので、未だに某所に来月寄稿する記事の内容がほとんど書けていない…。
だから、今日の昼間、出先から帰ってきてから考え考え書き始めている。

幸い、テーマは忙殺されていた中でもいろいろと考えていたので、それを採用することになるだろう。

しかし僕、毎月読んでくれている人が興味を持ってくれる記事を書けているのかな…?
凄く不安なんだよね。
読んでくれている人自体は多くいると思うんだけど、興味を持ってもらえているだろうか?
なるべく専門的な内容は避けて、初心者にもわかりやすく、興味を持ちやすいテーマを選んでいるつもりなのだけど。

こういう活動をやっていて、批判は恐れていられない。
その分、良い評価をもらえることもあるからね。

でも一番怖いのは、何の反響も返ってこないこと…だと思う。
毎月月初は、記事を某所に掲載してもらっている関係で、ブログのアクセス数が2倍くらいに増えるんだけど、何を思ってみんなは僕の記事を読んでいるのか、と少し怯えている。



――最近、報道番組での「訂正」が多いような気がする。

人間達のやることだし、間違うのは仕方ないが、極力ゼロを目指すのが仕事ではないのか…。
誤った報道をしても訂正すれば良くね?という空気感が感じられるのだ。

国会議員の答弁もそう。
不適切な発言をしても、詫びれば良いと思っている。
だからそういう発言を繰り返すのだ。

「訂正」や「お詫び」はできるけど、誤って発言した事実自体は、もう変えられない。
大人として、そこはしっかり把握して、責任感を持って発言することが大切じゃないのか?

また、もし「訂正」や「お詫び」を聞く前に、視聴者がテレビを切ってしまっていたらどうするのだろう?
視聴者は、最初に聞いた誤った情報だけを受け止めてしまうよね。

その場しのぎ(記事タイトルに姑息と入れたのはそっちの意味ね)に「訂正」「お詫び」をするだけで、“次に同じミスを繰り返さない”。
そういう志が見られないな、といつも感じる。


最近いろいろあって、自分が抱えている課題について、いろいろ考えていた。
結局問題なのは、課題を抱えていることではなく、その抱えている課題を自分で把捉して、次にどう繋げて(活かして)行くか、ということなんだよね。

僕は課題がある、という事実だけで、自分を責めがちだった。
しかしそうではなく、その課題から次にどう繋げていくか?の意思を自分なりの言動で示すことが大切なんだと、最近学んだ。

ただ漠然と自分を責めるだけの日々からは、卒業しなきゃいけないな。
それが僕の最も大きな課題だ。


先述した「訂正」「お詫び」のこともそうだけど、結局そこで、なぜ誤ったのか?を適切に把捉して、次また同じことを繰り返さないようにするためにはどうしたら良いか?を考えていないから繰り返すわけだよね。
どんなに丁寧な「訂正」「お詫び」をしても、その後も同じようなミスを繰り返していれば、「どうせまた同じミスを繰り返すんでしょ。あんたら学ばないね」という批判を受けるのは仕方ないと思う。

「課題を次に活かす」。
僕のこれからの大きな課題だ。


以上、ィヨロシク!!


DSC_7990.jpg
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント