トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2018 10/29 (Mon) 18:27

文書改竄の強い味方?消せるボールペンの謎

明日から大切な用事が続けてある。

用事が終わる頃(来週末)には、ドップリ疲れが出るだろうな…。
ま、仕方がない。そういうものだ。



――今月初めにある場所でもらったボールペン。
ボールペンならたくさんあるし、でもあるに越したことはないか、と思ってよく見たら、消せるボールペンだった…。

僕にはこの文具が何のためにあるのかわからない。

消す目的で書くなら鉛筆やシャーペンを使えば良い。
消せない目的で書くなら、油性ボールペンを使えば良い。

じゃあ、消せるボールペンは何のためにあるの?
公文書改竄が問題になると、度々出てくるようなイメージしかない。

前に役所で関わっていたアホの職員が、消せるボールペンをよく使って、僕にメモなどを書いて渡していた。
それをコピーする必要があったのでコピー機にかけたら、文字が全く印刷されなかったんだよ…。
バカじゃないの?とね。

単純に鉛筆やシャーペンと同様の用途で使おうにも、指でこすっただけでも消えてしまうくらい摩擦に弱い。
鉛筆やシャーペンなら、指でこすっただけでは少し滲むくらいで消えはしないよね。

だから一体何のためにあるのか、ますますわからない……。


必要がないなら買わなければ良いだけの話だが、わざわざ買って使うアホもいるし、今回のようにもらった物であれば、迷惑なだけ…。

ま、使ってくれるアホがいるから、メーカーもそんな商品をバンバンと作る。
需要と供給が成り立っているってことかな。


以上、ィヨロシク!!


DSC_8006.jpg
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント