トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
What's New? What's New?
2019.3.30
フォントは、最新macOS 10.14.4(Mojave)に対応しています。よくある質問の「対応OS」をご覧ください。
2019.3.25
【過去にDLmarketでフォントをご購入頂いた方へ】
2019年6月28日をもって、DLmarketのサービスが終了するそうです。ご自身のPCからフォントファイルを紛失した場合、同日で再ダウンロードサービスが受けられなくなりますので、フォントファイルのバックアップをお願いいたします。

・詳しくは「DLmarket公式サイト」をご覧ください。6月28日までであれば、再ダウンロード依頼ができるようです。
・BOOTHでフォントをご購入頂いている場合、この話は関係ありませんが、何かあった時のために、フォントファイルのバックアップを取っておくことをおすすめします。
2019.2.27
当ブログのURLが変わりました。古いURLからも自動転送される設定にしておりますが、お時間のある時に、ブックマーク等の変更をお願いいたします(新しいURL→ https://slimedaisuki.com/)。
2019.1.11
TKフォントの厳選5書体を★約20%OFF★でご購入頂ける「TKフォントお手頃パック」の販売を開始しました。
2018.12.8
TK-ステルスゴシック』の販売を開始しました。
2018.10.15
よくある質問」ページを再設しました。
2018.9.21
TK-takumiゆとりフォント』の販売を開始しました。
2018.8.28
TK-takumi書痙フォント』の販売を開始しました。
2018.8.27
9月中は、FontStreamで「takumi書痙フォント」のWebフォントが無料で使えます!
2018.8.23
TK-飴鞭ゴシック』の販売を開始しました。
2018.8.20
全てのフリーフォントを公開停止しました。(有料フォント『takumiハイカラフォント』『takumiステンシルフォント』は販売継続中です)
2018.10.10(Wed) 00:00

#10 フォントはファミリーで提供されるべき?

複数のウェイトが(ファミリーで)揃ったフォントを買う時に、自分に必要なウェイトのみダウンロード(単体)購入する、ということがあると思う。
例えば、平成角ゴシック体はW3,W5,W7,W9の4ウェイトで構成されているけど、自分に必要なのは見出しでドーンと使えるW9だけだから、それだけ購入したりね。
本当はファミリーで揃えたいけど、コストが高くつくようなら仕方がない。

だけど、フォントは単価が高いから、単体でちまちま購入すればむしろ高くつくこともある。
だから実際には、同じフォントのファミリーは全て揃って手に入る場合が多く、単体でちまちま購入するよりかは安くつくこともあるパッケージ購入や年間ライセンス購入を選ぶ人も多いはず。

だけど割と最近になって、Adobeがちょっと変わったサービスを始めた。
同社のCreative Cloudを契約することで使える「Typekit」というサービスだ。
これを契約すると、Adobeのフォントはもちろん、モリサワやフォントワークス、VDL(視覚デザイン研究所)、字游工房、大日本印刷など、いろんなベンダーのフォントが使えるようになるのだ。
契約するCreative Cloudのプランによっては、上記した幅広いベンダーのフォントが、安く、気軽に使えるようになるというわけだ。

ただし、世の中そんなに甘く、良い話ばかりでもない。
というのは、Typekitでは一般的なパッケージフォントや年間ライセンスで使えるフォントと異なり、ほとんどのフォントはファミリーで提供されていない(ここがポイント)。
例えば、モリサワの「UD新ゴ」であればPr6NフォントのRegularウェイトのみ、フォントワークスの「スーラ」であればProNフォントのDBウェイトのみ…といった感じ。
結局、各フォントをファミリーで使いたければ、モリサワであればMORISAWA PASSPORT、フォントワークスであればLETSを契約するしかないのだ。
なかなか賢い販売戦略だと思う(笑)。

でもフォントって、できることならファミリーで揃えられた方が、便利に使えるんじゃないの?と思う。
本文から見出しまで、あえて細かくフォントの変更を行わずに、ウェイトだけ変えて同じフォントで揃えた方がきれいに見えることもあるからね。

Typekitの場合、提供されているフォントの多くが本文向きのウェイトだ。
見出しに使える太いウェイトのフォントも提供されているものの、ゴシック体や明朝体などの標準的なフォントは少なく、もともとウェイトが1つしかないようなデザインフォントが多い。
これだと、一般的なビジネス文書などでは使いづらいよね…。(ビジネス文書でこんな高尚なフォントを使う人がどれくらいいるのか、という話はさて置き)

また、ここで提供されている『ロゴG』などのVDLフォントも、Regularウェイト(フォントによってはMediumウェイト)のみの提供。これはキツイ…。
だってVDLフォントは、ロゴデザインにはかなり使いやすいフォントだし、太さがないのはちょっとね。
各フォント、Regularに加えてもう1ウェイト太いものを提供して欲しかったな~。
ま、文句があるならTypekitではなく、(なかなか良い値段で提供されている)パッケージフォントを買ってね、という販売戦略なんだろうけど(笑)。

それに、フォントの独り言#01でも話したけど、太いフォントを使いたい時は擬似ボールド機能に頼れば良い、という考えを持っている人はいる。
案外プロでも、そのフォントにはもともと細いウェイトしか用意されていないからって、「B(ボールド)」ボタンを使ったり、Illustratorなどで文字に文字と同じ色の線を付けたりして太らせたりすれば良いと考えている人は多いように感じる。

だから、いろんな会社の事情があるのだろうけど、フォントは単体購入を除き、なるべくファミリーでまとめて提供して欲しい…というのが僕の本音だ。

それでは、また来月の記事でお会いしましょう。ィヨロシク!!
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント