トップへ

NEWブログ内での自作フォントの価格表示を今までの税抜から「税込」表示に変更いたしました。BOOTHでの価格表示(以前からずっと税込表示)と同等になっただけですので、ご購入時の価格には一切変更ありません。今後ともよろしくお願いいたします。

自分も他人も傷付けない…超難関?めざせ自傷行為卒業
2018/02/14 01:11
自傷行為が止まらなくなり…。
親が泣いて止めて…さらに電話を通じて叔父が間に入って止め…叱られた。

なんか…自分の中では、正当化とかではなく、「人に迷惑かけない」という意味で正義のつもりだったんだよね。自傷行為については。
だけどそれが、間接的に人を傷付けることになっていたようだ。

自傷行為が結果的に人を傷付ける。それはよくわかった。

しかし、自分も人も周りの物も一切傷付けず、自分の癇癪を抑える。
これは今の僕にはとてもきつい。

とにかく人を殴ってはならない!刺してはならない!一切人を傷付けてはならない!!
だけども、気に入らない人がいると…いなくても、人を傷付けたい!何ならブッ殺したい!そんな衝動が抑えられない。

とはいえ、法的には誰かを傷付ければ、当然刑事事件に発展するし、前科が付く。
そうなれば、僕の一生の汚点になる。
だから、傷付けても罪にはならない自分を傷付ける。それを正当化してきたのだ。


だが、それすら駄目となると……これから僕は何に当たれば良いのか?

障害の有無に関係なく、癇癪持ちの人はわかると思うけど、あの人ちょっと気に入らないな~とか、どうにかなれば良いのに~で済む衝動じゃないんだよね。それって。

人を傷付けたい衝動は、卒然と、猛スピードでグングン伸びていく。
衝動的になる前に、3秒で良いから考えよう。
それすらできぬまま、気付いたら手を出していた…。

今はそこまで衝動性は高くないけど、過去にそういうことがあったので、怖いのだ。
だから、自分を傷付けることに「逃げて」いた。
屁理屈だけども、「法律的にはセーフだから大丈夫」。そう思い続けていたのだ。


“人も”だけでなく、“自分も”傷付けない。
難しい…。とても難しい。

冷静に行動できる人は偉いよ。上手にストレス発散ができる人は偉いよ。

だけど、それができない人もいることを、この社会にはわかって欲しい。

もちろん、障害の有無に関係なく、自分でストレスコントロール力を身に着けていくのは大切だ。
そのための努力は、今後も惜しまないつもり。


しかし……発達障害というものが、あまりにも社会に周知されていない!!!
発達障害のみならず、障害のある人、いろんなハンディキャップを抱えている人への配慮は、すべからく社会(健常者)ができうる範囲でしていくべきことなのだ!!!

でも、社会はあくまで健常者や、目に見える障害の人のためだけにできているような側面がある。
「脳の障害?知るか。くたばれアスペが」。
そういう言葉を平然と吐き捨てられる、もしくはそれ同然の言動を平然と見せられる人さえいる。

そんな冷血な人や社会によって、僕ら当事者がどれだけ苦しんでいるか?

こちら(当事者)から言わせれば、そうやって人を平然と蔑視できる人が、この世の中に跋扈しているのだ。
人並みの努力しかしていない、特段優れた能力も持ち合わせていない、人並みに働き、それだけで社会貢献しているつもりでいる。
“アスペ”となじられる人達よりも、そんな人達の方が何倍も、何十倍も、何百倍も、何千倍も、何万倍もアホではなかろうか。


この日本の社会って、例えば国語・数学・理科・社会とあって、3つ星がアベレージだとして…
  • 国語:★★★★☆
  • 数学:★★★☆☆
  • 理科:★★★★★
  • 社会:★★★☆☆
こういう人を求めている。

だけど現実は…
  • 国語:★☆☆☆☆
  • 数学:★★☆☆☆
  • 理科:★★★★★★★
  • 社会:★★★☆☆
こうして何か1つ抜きん出た所があっても、他がアベレージに達していないと、それだけで駄目人間扱いされる。
それが今の日本という国なんだよね。

何もかも平均的にできなきゃいけない。
だけど能力のある人材が欲しい。
でも変わった人は嫌。
そんな人がどこにいるというの?


そういった些細に思える苦しみひとつひとつが増大して、僕ら障害者を苦しめている。

障害の有無に関係なく、人が生きやすいように、人同士ができうる配慮をせず、やっちゃいけないことは「やっちゃいけない!!」と主張する。
そんなんじゃこの世の中から犯罪は0.01%も減らないし、何ひとつとして日本は変わらないよ。


“自分も”“他人も”傷付けない手段。
冷静に考えていかないといけないな…。
どうしていこうか。


まとまらないけど、以上、ィヨロシク。

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント