トップへ

NEW2020年12月28日でブログ10周年を迎えました♪ これからも『takumiのパラダイス!』をィヨロシク!!

昨日より幸せになるために…takumiの生き方改革
2017/11/01 01:38
どうも苦しい。いろんな意味で(笑)。
心はもちろん、胸も苦しいし、緊張感や不安が強く、眠れない。
本当にこの時期はどうにもこうにも生きづらい…。



――僕は、賢すぎるが故に、プラスいろんな表現を知り過ぎているが故に、自分の気持ちを上手く言葉に表せない。

さらにその上に、僕は、人に悩みなどを打ち明ける時に、「必ず相手に伝わるように!」と、無意識に表現を選んでいる。

最近知ったんだけど、ただ思い付く限りに、人に思い(言いたいこと)をぶつけたことがある人って、意外と多いらしい。
僕もそういうことをしたことがあると思っていたけど、キャリアカウンセラーいわく、それがあまりできていないようだ。
表現を選び過ぎていて、それが故に、心にわだかまっているものがなかなか吐き出せない――それをここ1年くらいで知った。


ただ表現を多く知っているというだけで、それらが適切に使えているかは僕にもわからない。
ただ、知り過ぎているという事実…に加え、相手に対して気を遣い過ぎてしまうという僕の特性が、僕を苦しめてしまうのだ。

言葉は知っている癖に、なかなか自分の気持ちを言葉にできない。
そもそも、自分が今、何をどう感じているのか?それをよくわかっていない。

僕は、人に対して冷たく接していると思っていたが、僕とリアルで接した多くの人は、僕はむしろ「優しい」と思うそうだ。
それは、人の話など聞きたくないと思いながら、いざ人の相談を聴くとなれば傾聴力を発揮(笑)するし、「空気が読めない」と嘆きながらも、周りの空気を読もうと必死になっている。
それが、周りの人には伝わっているようだ。


…中学時代、家庭内で暴力が酷い時期があった。
それにより、閉鎖病棟で入院した時期もあった。
高校には少し落ち着いたが、大学時代には酷く荒れ、警察沙汰になるほど暴れ回ったこともあった。

もっと自分の気持ちを、表現など選ばなくて良いから、言葉にできれば、そこまで荒れずに済んだのかな。
ま、過ぎたことは変えられないので、そこは悔やんではいない。(親や、他の周囲の人に迷惑はかけたけどね)


だから、もっと楽になりたいという一心で、一念発起して、最近英語の勉強を始めたのだ。
ま、独学だし、ライティングだけだけどね。

Twitterで、英語でツイートすると、何となく、いつもとは全く違う場所に逃げた気分になる。
家にいながらにして、遠い国へ行ったような気分…という感じ。

すると、外国の人からも、リプライやDMをもらえる。
もちろん、英語をまだまだ勉強中なので、送ってきてくれたメッセージは読み解けないことの方が圧倒的に多いが、Google先生に頼って文章を読み解き、それに対して伝えたいこともまた調べ、やり取りをする…。
その中で知らない単語や文法が出てきたら、その都度調べて自分のものにしていく。
これが凄く楽しいんだよね。最近。

今でこそ英語の勉強を楽しんでいるけど、僕は小学校~中学校時代に英語を勉強していた際は、テキストを眺めてばかりで、「あくまでこれは言葉なんだ」ということがわからず、堅く考え過ぎていた。
だから、SNSが普及していなかった当時は、外国の人が挙げたYouTubeの動画にコメントしたりしていたんだけど、なかなか言いたいことが頭から出てこなかった。


でも…最近は、「あくまで言葉なんだ、しかも普段使わない言語だし、間違って当たり前!」と考え、「楽しむこと」に重点を置いて勉強している。

すると、テキストばかり見て勉強していた頃よりも、自分のものにできるんだよね。
そうして、自分のちょっとした気持ちを、英語にして発信できるようになる…。


最近のこんな僕を見た親に言われた。
「(takumi)は本当の意味での勉強ができるようになったな」と。

そう。学校に行っていた頃は、机に向かって、教科書を暗記するような勉強がとても苦痛だった。
漢字を除き、あまり勉強を楽しいと思えなかった。

だけど今は、知ることを楽しいと思えるようになってきている。
もちろん、得手不得手はあるけど、いろんなことを知りたいと思うようになった。
それだけで、心にゆとりができてきた…。

たぶん僕には、学校という場所は合っていなかったのだろう。
勉強はできないわけじゃないけど、集団の中で、皆と同じように授業を受け、宿題をやり、テストで良い点取るために勉強する…。
誰もが通らなきゃいけない道なんだけども、僕にはこの生活が苦痛で仕方がなかった。


今になって、就職こそできていないけど、学校という所属からは解放された。
だから、自分の思うままに英語を勉強したり、就職に向けてのスキルを高めたり…なんてことに専念できる。
今はとても苦しいけど、学校に所属していた頃に比べたら、何てことない…は大げさだけど、そう言っても遠くはないくらい楽だ。


これからは、もっと柔軟な頭を手に入れていきたい。
そして、世渡りの仕方をしっかりと身に着け、昨日よりも今日、今日よりも明日…と、どんどん幸せになっていくような人生を歩みたい。

幸せ…と言っても、高望みはしていない。

今日は空が明るかった、きれいな花が咲いていた、昼や夜に食べた物が美味しかった――。
そんなことを「『幸せ』と思えること」が幸せなんだと思う。
そういう人間になりたいな。
どんなにお金持ちでも、生活に不自由がなくても、心が貧しい人は、一生幸せではないと思う。


とにかく、これからの僕の課題は、柔軟性と世渡りしていく方法を身に着けること…だな。
それらが僕はあまりにも下手過ぎる。
だから、自分を苦しめることになるし、先に進みたくても進めない、なんてことに度々なってしまう。

少しずつ進んでいこう。


以上、ィヨロシク!!

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント