トップへ

思わぬ気遣いで救われた!?雨の日はヤバイ…忘れられかけた傘
2017/10/06 18:12
支援施設で任せてもらえるようになった大きな役目(→おとといの日記)、今日から始動した。
進んでやりたいと言ったのは僕だが、ちょっとプレッシャーもあるかな。
いや、それくらいの緊張感はあった方が良いんだけど。



――今日は雨だった。
最近多くない?ちょっと(-_-;)
それだけで、雨具を忘れないようにしないとって気を遣ったり、落ち込んだり、やたら眠くなったり、ウンザリしてくる。
気温も20度を下回り、半袖だとちょっと肌寒いくらいだった。

その雨具を、今日の支援施設の帰りに忘れかけたのだ。
しかし、外に出る(傘立てのそばを通った)時に、他の人が、「傘とか大丈夫ですか?」と声をかけてくれて、「あ゛ーっ!!」となって慌てて傘を取った。
その人が声をかけてくれなかったら、僕は間違いなく傘を忘れて帰っていただろう。

この世界って、思うようにならないこともたくさんあるけど、思うようにならなくなる前に、助けてくれる人もいるよね。
人だけでなく、物事も、悪いようにならないように運んだり…。
そう考えるとこの世の中も、意外と捨てたものじゃないんだよ。


ただ、最近地味にイライラしているのが、髭が濃くなったこと…(前にも話した)。
男の髭は、どうも年齢と共に一本一本の毛が太くなっていくようなのだ。

だから、きれいに剃っても、青くなって汚らしくなってしまう…。
無限に金があるなら、髭だけ永久脱毛したいよ_(:3」∠)_

それに、僕は肌も弱いし、電気シェーバーでも肌を痛めやすいのだ。
それは「上から下に」剃ることである程度抑制できるらしいんだけど、どうしても深剃りしようと思って、「下から上に」剃っちゃうんだよね(^_^;)



今週末は3連休だ。
先週末は親の食中毒のことで(親には悪いけど)振り回されたので、今度こそゆっくり休もう…。


以上、ィヨロシク!!


DSC_4090_20171006180329bd6.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント