トップへ

NEW販売中のTKフォントすべてを単体購入時の30%OFFで購入できる「TKフォントコンプリートパック」の販売を開始しました!(→詳しくはこちら

NEWTKフォントのライセンスを追加購入できる商品を販売開始しました。これにより1アカウントにつき1つしか同一商品を購入できないBOOTHでも、後からTKフォントライセンスの追加が可能となります。(→詳しくはこちら

午後の時間を有効活用!ポケモン映画でリフレッシュ♪
2017/07/20 19:51
今日は支援施設のプログラムが午前中だけだったので、終わった後に大学に寄って就職カウンセラーと面談の後、ポケモンの映画(後述)を見に行った。
役所に行く予定は、親が後日代わりに済ましてくれるとのこと(ありがたい…)。

今日は割と体調が良かった。
満員電車も楽ではなかったが、昨日よりかはずーっとマシ。
カウンセラーも今日の僕は調子が良さそうだと言ってくれた。(僕は自分の体調を、自分で認識しづらい所があるから、客観的に知るために毎回聞く)

支援施設では、Excelでの表作りに慣れてきたので、関数の勉強も始めた。
もとより数学が苦手な僕は、少々吸収しづらい所もあるけど、まぁ“慣れ”でどうにかできるだろう。



――今日のメインイベントは、映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』だ!

↑劇場でローカル通信して受け取ったマーシャドー(この映画に出てくる幻のポケモン)と、その子用のZリング。


今年の作品は、サトシが10歳になり、トレーナーとして旅に出られるようになったばかりの時の、いわば“原点に戻った”作品。
だけど、お馴染みの仲間であるタケシやカスミは本編には登場せず。
今作は、20年前に放送されたポケモン無印第1話とはまた違う形でサトシが旅に出て、仲間やポケモンと出会ったら?という、“ifストーリー”だった。

トレーナーにとってポケモンは何か?またはその逆はどうか?
『ポケモン』という作品を知る上で、とても基本的な所をメッセージに込めていて、ポケモンを知らない人でも楽しめそうな作品だった。

しかし、本編だけでなく、エンディングまで見ていると、ポケモンを昔から見ている僕のような人間が「おおっ!!」と驚き、感動させられるシーンもあった!
エンディングが始まったら劇場をすぐに出ちゃう人、出たらきっと損するよ~?


20周年記念作品ということだけあって、とても楽しめた♪

他に、明日から公開の『劇場版 生徒会役員共』も見に行きたいんだけど、ポケモンみたいなビッグな作品じゃないから、公開される劇場が限られていてね…。
どうするか、ちょっと考える。


以上、ィヨロシク!!


DSC_3189.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント