トップへ

最後の最後は自己防衛?8年前のストーカー被害体験
2017/06/24 16:50
30度を超える日が増え、本格的に暑くなってきた…。
エアコンは昼間に少し入れていた程度だったが、昨晩は寝る前にも入れた。

だが正直、外にいると暑さよりも、日射の強さの方が気になる。
本当に肌を焼き尽くされそうな強い日射だ。
10年、15年前の30度とは、そこが違う気がする…。


ドラえもんが7月下旬の放送からリニューアルするそうだ。
監督とチーフディレクターが変わるんだって。
最近ドラえもん見てないけど、何がどう変わるのかだけ、見届けておきたい。



――スマホを持ち始めて2年以上経つが、実はこれまでスマホで録音をする方法をちゃんと知らなかった。

しかし、痴漢などの濡れ衣を着せられた時とか、それ以外でも、音声を録音できていると何かと便利なことがある。
そこで、録音アプリを入れて、使い方まで調べておいた。

実は僕、男だけど、女からストーカーに遭ったことがあるんだよね。
それは中学時代(8年前)、閉鎖病棟での入院中だった。
最近話題のナントカ議員じゃないが、家庭内外で暴言や暴力が激しく、誰も手が付けられない状態だった(^_^;)
今となっては、よくそこから更生したなぁと思うけど。

閉鎖病棟だから、病棟の外へは逃げられないし、自分の部屋(個室)に籠もっているしかないんだよ。
だけども、相手の女(僕より1つ年上)は追いかけてくるんだよ。
個室には入ってこないだろうと思いきや、夜寝ている時、ドアを開けて覗いてきたりしたんだよね。
病棟の中にはちょっと広い場所もあり、そこにはソファーがあって座っていたらその女も隣に座ってきて寄りかかってきたりもした…。

当時、看護師や医者には報告したが、あまりちゃんと対処してもらえなかった…。
未だに思い出すだけで怖くなる…。
一歩間違えていたら、本当に何かされていたんじゃないかと…。
いざとなったら、自分の身は自分で守る以外どうにもならない。誰も助けてくれないんだな、と。


それまでは、「僕みたいなブス、誰も相手にしねーよ」とか思っていた。
相手にするとしても、相当なモノ好きだろうな、なんて。

…だけど、いざ被害に遭うと、怖くて怖くて…。
今だったら、「僕を好きになったマニアックな趣味を持つ女だ、ハハハ」と笑えるけど、当時は全く、何も笑えなかった…。
閉鎖病棟だから、退院できるようになるまでの1ヶ月は、その女といつでも顔を合わせられる環境にいたからね……。


他にも、何も盗っていないのに万引き犯の嫌疑をかけられたこともあったしね(この日記を見て)。
人や社会との予期せぬ問題というのは、常に他人事でなく、音も立てずに突然自分に襲いかかってくる…。


以上、ィヨロシク!!


DSC_2113_1_20170624164358d47.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント