トップへ

NEW2020年12月28日でブログ10周年を迎えました♪ これからも『takumiのパラダイス!』をィヨロシク!!

まさかのプラモ!?ダンボーの仲間がやってきた!!
2017/02/10 17:23
昨年末くらいに壊れたXperiaのカメラボタン、今日何かのきっかけで突然直った!(以前ここで述べた)
どういうきっかけか、振り返ってもよくわからない( ̄ω ̄;)

物理的な故障でなく、他のアプリと干渉しあって、上手く動いていなかっただけかもしれない…。



今日は学校で、卒業制作の展覧会に向けての準備…。
「全員参加」となっていたが、例により、欠席者多数…だったけどね。

こういう時によくあることだけど、具体的な指示が与えられず、周りの空気を読んで仕事することが僕は苦手だ。
何をしたら良いかわからなくなり、途方に暮れるから…(苦笑)。
ま、ここ何年かで、「何となく動いていれば周りからは仕事しているように見えるんだ」と、要領を掴み始めてきたけどね。


家に帰ったら、就労支援員の人に頼んでいた、地元で開催される、就労を希望する障害者(身体・知的・精神)向けの集いのようなものの案内が届いていた。

こういうものって、活用すべきなのはわかるけど、僕は一般の人が認識している「障害者」の中でも、物凄く中途半端な立ち位置にいるから、いつもしんどい…。

多くの人の認識は、たぶん身体障害者だと思うんだよ。
松葉杖をついて歩いていたり、ペースメーカーなどを埋め込んでいたり…。
知的障害者も、見た目の様子からわかりやすいし、認知されていると思う。(その分、昔から彼らを差別する酷い言葉や偏見が多くあるけどね)

だけども僕ら発達障害者って、まず精神障害の1つと捉えられている。
文字通りの精神障害(鬱病、統合失調症、境界性パーソナリティ障害etc)と違い、生まれつきの「脳」の構造が、他の人と違った部分が出る障害だから、この時点で狂った認識をされているんだよね。
ただでさえ発達障害というものは、たとえ精神障害に含まれなくても、表は普通に見えるから認識されづらいのに、精神障害とひっくるめて判断されることで、ますますややこしいものとして扱われてしまう…。

これだけややこしい構造があるんだから、そりゃあ企業は、障害者向けの合同説明会などで、そんなややこしい立ち位置にいる発達障害者や、気違いだの知恵遅れだのと罵られる知的障害者よりも、障害が目に見えてわかりやすく、体の障害が出る部分を除けば普通に働ける身体障害者を採るよね。

残酷なのか不条理なのか理不尽なのか…。
正直、働くことよりも、働くにあたってつきまとう、自分の障害のことが、ものすごく就労への隘路になっている気がする…。
それは思い込みでなく、今年度の就活で実際に経験したからね。

ま、これは得体の知れない地域から来る人達でなく、地元の就労希望者の集いだし、「楽しむ」くらいの気持ちで行ってこよう。



●きょうのダンボー(昨日親に買ってもらったプラモデル)
↑の写真と買ってもらったものとパッケージの柄が違うが、同じものだ。
先月ダンボーの人形を購入したのと同じ店で買ってもらった。

昨晩、まず1体を組み立てた↓。
 
そして今朝、残りの2体を組み立てた。
その後、今持っているダンボーと、組み立てたニャンボー3体を並べてみたのがコレ↓。

自分で買うつもりだったが、親が買ってくれるというので、それに甘えた(笑)。

…実はこれ、帰って開けるまでプラモだと知らなかったんだよ。
勝手に完成済みだと思い込んで買ったら、プラモだったのだ(笑)。

プラモなんか何年ぶりに作っただろう…。
10年以上は軽く作っていない気がする。
組み立てるの、ミスらないようにとプレッシャーがかかるししんどいね(笑)。
僕、不器用だから…(^_^;)

ただ、プラモである分、可動域がかなり多かったので、撮影がより楽しめそうだ(*´∀`*)
だから、壊れるリスクも少なそうだ。


以上、ィヨロシク!!


【追伸】
夕方出かけるのに何年ぶりかにコートを着た。
昼間学校に行く時は着なかったが…さすがの僕にも寒過ぎた(>_<)

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント