トップへ

【自作フォント使用例】使用者の生の声!元日の思わぬ出会い!?
2017/01/01 21:38
あけおめ~♪
…はアレだから、あけましておめでとう。

でも略語にあまり抵抗がなくなってきているんだよね、僕。
メリクリとかあけおめとか、何年か前なら嫌っていたが、もう何でも良いや、って(笑)。
細かいこと気にしていたら、ストレスが溜まるだけだ。
適当に生きているバカが大半を占めるこの世の中、生真面目に生きれば生きるほど損をするからね。
年賀状2017takumi 
↑ブログにいつだったか掲載した写真の高解像度版



――今日は親と一緒に福袋を買いに行った。
正確には、連れて行かれた(笑)。
朝早く起きて、重たい荷物いっぱい持たされて、駆け回って…このしんどさ、世の中の男性ならわかる人いるよね?(´・ω・`)

だがそんなことがどうでも良くなるくらい嬉しいことがあった。
 
↑今日見たtakumi書痙フォントの使用例。
実はこれ、親が福袋を買いに行った宝石店でたまたま見かけたのだ。

そこで応対してくれた店員さん(女性)が凄く良い人だったから、「信じてもらえないかもしれませんが…」と言って、「このフォント、僕が作ったんです」と話したら、スッと信じてもらえた。
今日は上の写真1つしか使用例が見られなかったが、takumi書痙フォントはその店の人達のお気に入りで、よく使ってくれているらしいのだ。

どころかその店員さんが、「著作権とか大丈夫ですか?!」と尋ねてきたので、「いえいえ!フリーフォントとして配布していますし、使用条件的にも全く問題ないですよ!」と言ったら、喜んでいた。

フォントの使用例が見られて、しかもそこの店員さんがめちゃくちゃ良い人で…。
ここまで良いことが重なることって早々ないよね。
新年早々、幸先良いなぁと(*´∀`*)
初めて、ブログのコメントでもTwitterでもメールでもない、使用者の生の声が聴けました(笑)。


そんなお店のくじを引いてもらった、鶏のストラップ。↓
DSC_1065.jpg 
高級セラミック製…だそうです。
何となく、コナンの映画『純黒の悪夢』で出てきた白いイルカのストラップを思い出した。今年、世界は僕の色になるということかな?


その後、祖母の家に行き、親戚に会う予定…だったのだが、親戚がいろいろあって来られなかった。
だから祖母にだけお年玉もらって帰ってきた。

…はい。正直、お年玉目当てでした。
20歳過ぎたけど、去年はもらえたし、あわよくば今年までは…なんてね(笑)。



嬉しいことはあったけど、正月早々たくさん動き回ったので、疲れたのは確かです…。


以上、今年もィヨロシク!!


DSC_0015_1.jpg 

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント