トップへ

NEW2020年12月28日でブログ10周年を迎えました♪ これからも『takumiのパラダイス!』をィヨロシク!!

ここから卒制本番!審査に向けて…紙屋さん通い
2016/11/25 20:07
よく冷えるようになってきたな…。
そろそろ長袖のTシャツでなく、トレーナー着ないときついかな。

でも動き回ると汗だくになるんだよなぁ、僕の場合(^_^;)
たとえ冬場でもね(笑)。



――今日も卒制の面談。あ~、疲れた。

作品はポスター6枚にするつもりだったが、ギャラリーの展示スペースが限られていること、また、印刷代などお金がかかることを先生が考慮してくれたのもあり、4枚にすることで落ち着いた。

先生から言われたのは、もう作品そのものは、後は手直しを繰り返していくくらいで良い、とのこと。
大きな修正や、作り直しを余儀なくされたりすることはまずないだろう。


…問題はここからだ。ある意味ここからが大変なのだ。

いろんな種類の紙を売っているお店に行って、作品を印刷するのにピッタリな紙を選定しに行かないといけない。
その上で、購入したB1の大きな紙を紙が痛まない程度に丸めて、電車に乗って1時間くらいかけて学校に持って行き、学内の機関で印刷してもらうのだ。(B1ってめっちゃでかいんだよ?)

学内の機関にも紙はあるのだが、マット紙と光沢紙(どちらも白)くらいしかない…。
だから、紙屋さん(笑)に足を運んで、選定しに行くように言われた。
そこまでしなきゃ、卒制のクオリティにはならないらしいからね。

まずは来週の水曜(次回の卒制面談)までに、紙屋さんに行って、紙を見に行ってくる。
この段階でいきなりB1サイズの紙を買うのではなく、まずはいろんな紙を試してみなきゃどんなふうに印刷できるかわからないから、A3くらい?のを複数枚買って、どうなるか試してみることにする。

でも、紙って種類によっては凄く高いんだよ~?!
紙だけでなく、それを貼り付けるウッドラックパネルも、印刷代も…(´・ω・`)
だから僕は予算を抑えるためにマット紙で良いっていうのに、先生がうるさく言うから…(ブツブツ)。


とはいえ、作品がだいぶん完成に近付いて、かなり肩の荷が下りたのは確かだ。
後は、完成に向けての“締め”の作業になるからね。

ポスター4枚、B1のウッドラックパネルにハレパネまでして、12月21日の学内での審査に出す。
かなり多くの先生が見るみたいだから、不安もあるけど、既に何人かの先生にはある程度認められたから、大丈夫だと思う。
僕が画竜点睛を欠かず、100%以上の完成度でやり切れば、の話だが(笑)。


以上、ィヨロシク!!


DSC_0576_2016112519392329c.jpg 

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント