トップへ

NEW2020年12月28日でブログ10周年を迎えました♪ これからも『takumiのパラダイス!』をィヨロシク!!

主役はモフルンモフ~!!プリキュアが絵本の世界へ!?
2016/08/24 11:35
『新たな魔法の物語!主役はモフデレラ!?』
魔法の世界にも『シンデレラ』の絵本があることを知ったみらい。
しかしその夜、みらい・リコ・ことはの3人は同じ夢を見る。
その夢は、なんとモフルンが主役の『モフデレラ』だった…。


うーむ…。
魔法界にもシンデレラのお話があったのね。

確かにリコちゃんの言う通り、花咲かじいさんが枯れ木に花を咲かせるなんて、常識で考えれば、魔法でもない限りできることではない。
まぁ、現実世界の常識と混同してそれを言ってしまえばおしまいなんだけど(-_-;)


“ガラスの靴”も、もともとはガラスじゃなかったんだってね。
もともとは“毛皮の靴”だったんだけど、フランス語から英語に翻訳される時に誤訳されたらしい(フランス語で)。

まぁ…ガラスの靴なんて硬いから足に馴染まない人も多そうだし、何より割れたら危なっかしくて歩くこともできなさそう…。



――これまでのお話で、モフルンってあまり目立っていなかったから、今回主役になったのかな(笑)。
モフルンがシンデレラということは…一部で噂になっていたように、やっぱりモフルンは女の子なのか?

しかし、プリキュアではありがちなことだけど、絵本の世界のリコちゃん、自分の置かれた状況を理解するのが早かったね(笑)。
絵本の世界に入ってから、バッティさん達がモフルンを置いてきぼりにして舞踏会に行く所まで、たぶん数分程度だったはず。
僕だったら、モフルンを助けるどころか、自分の置かれた状況が理解できずにずっとあたふたしていると思う(^_^;)

…そう、バッティさんと、スパルダ、ガメッツが今回限りで復活した。
視聴者からの要望に応えてくれたのだろうか?(笑)
まぁ、1回限りでも復活してくれたのは嬉しいね。


校長先生が王子様というのは……(実年齢的に)無理があると思う。
ファンタジーの世界だし、完璧になりきるならまだしも、一人称は「わし」だったからね…(・_・;)

しかし、高い所からジャンプして、両足で着地してみたり…元気な一面も見せた。
…うーん、結局おじいさんなのかお兄さんなのか(;´∀`)

それから、魔法の馬車「レインボーキャレッジ」って、わざわざ名付ける必要あったの…校長先生?
たま~にネタ持ち込むよね、プリキュアって(^_^;)
何となくどこかで聞いたような懐かしい響きだ。



今回は普段のお話とはかけ離れた、“ネタ”感の強い回だったな。
どのシリーズも何話かこういうお話を入れてくれるから好きだ(*´∀`*)
おなじみのキャラが、いつもとは違う姿で見られるからね。


次回にも期待して、ィヨロシク!!

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント

Re: 映画に向けた地ならし・・??
ぬくぬく先生さん、コメントありがとうございます。

劇場版のプリキュアは見に行ったことないなぁ…。
子供向けでもコナンやクレヨンしんちゃんは毎年見に行くのですが、
さすがに22の男がプリキュアは恥ずかしいかな、って(笑)。

> 私としては、みらいにシンデレラをやって欲しかったけど、リコちゃんがみらいをお姫様抱っこするシーンだけで私はお腹いっぱいでした!

僕は逆が好きです(*´ω`*)
映画に向けた地ならし・・??
秋の映画はモフルンがプリキュア化するようですので、本編でも
まさかまさかのモフルン主役のシンデレラ化する事で、映画の時点での「違和感」をなくすための
前ふりといえるような気もしますね・・(笑)

私としては、みらいにシンデレラをやって欲しかったけど、リコちゃんがみらいをお姫様抱っこするシーンだけで私はお腹いっぱいでした!