トップへ

お覚悟はよろしくて!?それぞれの悪とそれぞれの戦い
2016/01/17 09:25
『迫る絶望…!絶体絶命のプリンセス!』
ついに夢ヶ浜にディスピアが現れた!
このままではみんな、絶望に飲み込まれてしまう…。
正体秘密だけど、はるかたちは覚悟を決め、みんなの前でプリキュアに変身する…。


いや~、ついにバレちゃったね!プリキュアの秘密!
これまでバレなかったのが不思議なくらいだけど(笑)。

そしてそれをずっとそばで見ていたゆいちゃんが、みんなにこれまでのことを話した。


今回、ゆいちゃんの活躍は大きかったよね。
みんなが絶望の檻に閉じ込められた時、自分の意志で絶望の檻から抜け出したのはゆいちゃんだった。
そうしてみんなを絶望から救い出した…。

ゆいちゃんがプリキュアに変身できないことは納得できない部分がまだあるけど、これで良いのかもしれない。
みんなを助けることができるのはプリキュアだけじゃないものね。
プリキュアとは全く違う視点で、ゆいちゃんはみんなを支えてきたから。

女の子はプリキュアになることに憧れるけど、強さというのはそれだけじゃないってことだね。


また、そんなゆいちゃんと同じくらいかっこ良かったのがシャットさん!
ついに、ディスピアの呪縛から抜け出した!!

ディスピアにしても、クローズにしても、今回復活したロックにしても、結局悪というのは“弱さ”なんだろうね。
はるかいわく、「操り人形みたい…」だったロックは、ただただ「ディスピア様を守る…!」って言ってたけど、あれだって、ただただディスピアに阿諛追従していることが何より楽だから、だよね。
誰かを守ることは強さというけど、今回のロックや(同じくディスピアに忠誠を誓う)クローズの場合、ただ自分の弱さに負けているだけ。

そこから真っ先に抜け出したのがシャットさんだった。
ディスピアの思うままでなく、自分たちの道は自分で決める!その大切さがわかったようだ。


プリキュアにはなれなかったけど、陰でプリキュアや他のみんなを支えてきた、縁の下の力持ちのゆいちゃん。
ディスダーク三銃士の中では頼りない存在だったが、真っ先に自分の進む道が間違っていることに気付いたシャットさん。
最後にこの2人の偉大なる活躍が見られて、心から良かったと思う(*´ω`*)



次回からいよいよ、悪の権化・ディスピアとの最終決戦となる。

プリキュアには頑張って欲しいし、それを陰で支えてきたゆいちゃんや他のみんな、さらには改心したシャットさんも、共に戦って欲しいな。
みんなを守ることとは、プリキュアになって悪と殴り合うことだけじゃないんだよ(`・ω・´)(何



次回にも期待して、ィヨロシク!!

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント