トップへ

初っ端から弱気モード!?先の思いやられる就活
2016/01/10 18:48
今日は某所で合説があった…。

昨晩はほとんど眠れず。
しかし今朝のプリキュアはちゃんと見て行ったけどね(笑)。


何社か回ってみたんだけど、もしかしたら僕は、自分がこれまで考えていた進路と違う方向に進むかもしれない。
ちょっと見識が広がったかな。
また、社会の厳しさ・冷たさを嫌っていた僕だが、少しだけ希望が持てた。

早くも合説にちょっと慣れてきた感じ。
まぁ人が多いのは嫌だけどね。

しかし帰れば一気に疲れが出て、気持ちがふさぐ。
気持ちの落差が激しいのは嫌なんだけどな。

たぶん3月以降、就活が本格的に始まったら、今よりも動きは激しくなるだろうし、大勢の人のいるところに行ったり、コワソ~な大人と話したりする機会が増えるんだろうな(意外と僕は臆病)。
就活には、そういったことに耐える力が必要だとある先輩から聞いていたが、案外そのきつさを強く感じるのは慣れないうちだけで、数をこなせば慣れていく。そこが、「質より量」こなせ、ってところなのかもしれない。


自分で、必要以上に怯え過ぎている、また、必要以上に不安を感じ過ぎていると自覚している。
おそらく今の強い不安は、今後当分は和らぐことはないだろう。

しかし、僕を苦しめているものは就活そのものではなく、それが本格化していく中で上手くやっていけるかとか、ちゃんと就職決められるかとか、考えてもどうにもならないことを考えることで生じる不安なのかもしれない。
実際に不安を和らげることができるかは別として、「不安に思い過ぎることで何より自分が苦しんでいる」ことだけは頭に置いておこう。それだけでも違うはずだ。


やるべきことをひとつひとつこなしつつ、必要に応じて頭を上手く冷やす。
現実と向き合いつつも、不安やストレスを溜め過ぎないようにバランスを取る。
僕の場合、それが苦手だから、就活はその訓練ができる良い機会、とも取れるかも。

また、あまり厭世しないようにするためにも、悲しいニュースからも少し目を逸らしたい…。
こんな時に限って、良いニュースが全然頭に入って来ず、悲しいニュースばかりがいろんなところから入ってくる…。


楽観的に考えられるタチではないが、だからこそ、少しでも自分の中にある不安やストレスを直視しないようにしようとしないと、本当に押しつぶされそう。

こんな時、もっと平然を装い、他人に不安を見せないようにできたら…と思うけど、他人に打ち明けられずにいることが強さとも限らないよね。
天秤で量れるものではないが、人それぞれ、様々な不安・ストレスがあり、それを常に抱えて生きている。

せめてそういうことをもっと誰かと共有しあって、愚痴を言い合ったりとかできる人がいれば良いんだけどね。
僕が不安を強く感じてしまうのは、それが上手にできないから、というのも大きいかもしれない。



……今日はこれ以上は考えないでおこう。ィヨロシク。



DSC_0383.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント