トップへ

NEWTKフォントはWindows 11、及びmacOS 12 Montereyに対応しております。よくある質問(→こちら)の「対応OS」をご確認ください。

キレイな文字にはトゲがある!?フォント第2弾配布開始!!
2015/02/27 17:09
昼間、洗濯物を取り込んでいたら、風に乗ってどこからかざわざわと子供たちの声。
「うるせぇな。ガキの騒ぎ声は嫌いだ。というか今日平日じゃなかったっけ?」と思って時計を見ると、15時半を指していた。
ああ、下校時刻なのか。それだったら子供が歩いててもおかしくないか、と。

なんかさ~、まだそのざわざわの声の中に自分が溶け込んでてもおかしくないような気がしたんだよね、ふと。(変質者的な意味ではなくてw)
小学校卒業してから10年近く経つけど、そんなに前の話だったっけ、と。
わりと、ほんの最近まで、僕はあの集団の中にいたのに、気付いたら20歳になっていた!
浦島太郎の話のようだ。

下校する子供たちの声に対し「うるさい」と思うようになったことは、その頃よりは自分が成長したことを意味していて、さらに、もう下校する子供でも何でもない、それを見送るだけの極々普通の周辺住民という立場になった、ということを意味しているのだろう。

でも何だかんだで、まだどこか小学生気分でいるのかな(*_*;
いつになったら僕は大人になれるのか…わからないや( ´ー`)y-~



新フォント『飴鞭ゴシック』の配布を始めた。
オープンソースフォントであるM+フォントの派生フォントだ。

いやさ~、もうここ数週間くらい、「いかに(一括処理機能で)楽してフォント作るか」って、そればかり考えてたんだよ。
そんな暇があったら1文字ずつでも自分でイラレ使って描いてみろって話なんだけどね(笑)。
だけど僕はTTEditやFontForgeの一括処理機能で何とかならないかと考えるばかりだった。

そして今朝から配布を始めたのが飴鞭ゴシック。
文字の一部が尖ってたり、と思ったら端っこの方が丸くなってたり。
数日前から名前を付けるとしたら何がいいだろう、と考えてた。
飴と鞭
『綺麗なフォントにはトゲがある』とかいう名称も考えたけど、長いし、フォントの名前がこれだったら使いづらいからね(苦笑)。
だから丸くなってる部分と尖ってる部分の大きな差を飴と鞭に喩えて、『飴鞭ゴシック』と名付けたのだ。

違う太さのフォントの一括処理も、同じ数値で設定すればだいたい合うから、一応太さも6種類用意した。
まぁ素人が作ってるし、タダだし、こんなものでしょ?(ぇ


以上、ィヨロシク!!


141120_101506.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント