トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2014 11/30 (Sun) 09:41

走れラブリー!!迫るミラージュとの決戦の時…

『幻影帝国の決戦!
プリキュアvs三幹部!』


いよいよミラージュとの最終決戦!!
…と思いきや、そこに三幹部が立ちふさがった。
三幹部はプリンセスたちに任せ、ラブリーはミラージュの元へと向かう…。




なんかねぇ…。

今日はストーリーにしても作画にしても、全体的にひどすぎたような気がする。

作画に違和感を感じるのはプリキュアではしばしばあることだが、今回は作画だけでなく、アニメーションがかなり雑に感じられた。
(極端に言えば…?)アマチュアが少し頑張って作った自主制作アニメとレベル的にはさほど変わらないような気もした。


見てて1960~70年代辺りのアニメを思い出した。(一概には言えないけど。)
いっとき僕は現代のアニメと昔のアニメを独自に研究してたんだけど、昔のアニメって、僕が見た感じでは動画の枚数を減らして何とか30分持たせようと頑張ってるアニメも多かったように思うんだよね。
子供が見ててもわからないんだけど、そういう現状があるって知ってしまうと、どうしてもそれに気づいてしまって抵抗を感じてしまう…という。

「いかにも静止画を動かしている」ってのがわかる、手抜きな感じがあったんだよね。昔のアニメは。
メリハリがなくて、人間らしい動きじゃないような。
とはいえ毎週放送するもので、動かすのが大変なのはわかるし、仕方なかったのだろう…。
今日のプリキュアもそんな昔のアニメと似たような感じだった。


最近のアニメでは、作画に関しては素人目に見ても下手だな~と思うことはたまにあっても、動きはそれなりに安定しているように思えた。

でも今日のプリキュアはあまりにもひどすぎるような…。
昔のセルアニメと違って、今のように技とかで変なCG使ってると、その他の動きの不自然さがますます気になってくる。



ストーリーも、三幹部が立ちふさがり、行く手を阻もうとしたところをプリンセス、ハニー、フォーチュンが止め、ラブリーがミラージュの元へ向かう間に戦うってところまでは良かったと思う。

だけどもプリキュアが説得し続けても三幹部は言うことを聞かない感じだったのに、大きなきっかけなしに急に改心して消えていったのはわけがわからなかったな。
放送時間の問題もあるんだろうけど、これまでプリキュアは三幹部と戦い続け、その時にいくら説得しても言うことを聞いてくれなかったって事情もあったから、そこから三幹部が改心する、ってなると、やっぱりもっと大きなきっかけが必要だったように思う。

もっと向き合って欲しかったな。
あれだけ三幹部がひねくれていたのは、過去に何かあったのだろうし、その過去がわかるようなシーンを登場させて、そこにプリキュアが何かしらの形で寄り添う…とか。

1年間見てきて三幹部(もちろん他のキャラもだけど)にはすっかり愛着が湧いてたから、こんなよくわからないまま消えてしまうのはあまりにも納得が行かないな……。



ミラージュやディープミラーとプリキュアの絡みがこれからだからまだわからないけど…なんか楽しみというより不安になってきた(苦笑)。
まぁ最後の方がちゃんとまとまらないのはプリキュアに限らず、他のアニメでもあることだし、仕方ないけどね。



次回にも期待……はあまりできないけどそれなりに期待して、ィヨロシク!!
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント