トップへ

新セット商品「天使と悪魔セット」販売開始! 2書体4フォント収録で5,000円(税抜)。ご検討ィヨロシク!!(→商品ページへ

守銭奴なフォントベンダーの守銭奴な新レンタルプラン
2014/11/16 01:13
ニィスフォントの新しいレンタルプランが出たんだってね、11月4日に。(公式→☆彡

これまでは、契約すればニィスフォント全てが使える「全フォントレンタル版」っていうのがあった。
その他にも、「全フォントレンタルすると高いし…。」「そんなにたくさん使わない。」って人のために、ニィスフォント全書体の中から20書体を選んで使う「20フォントレンタル版」ってのも出してた。

今度出たのは、ひとつは「5フォントレンタル版」といって、20書体でも多いという人のためらしい。
もうひとつは「20フォントレンタル 半年版」。その名の通り、20書体を自由に選んで、1年でなく半年だけ使えるという。


この会社ってほんと守銭奴だよね。
手頃なパッケージを販売しようという気はないのか…。

一応単体購入(こちらは購入だから買い切り)もできるけど、1書体9000円(税抜)もする。
1万円くらいで100書体使えるパッケージもあるけどWindows用のみ、それも“個人使用限定”だ。(Adobe Illustratorでこのフォントを使ったドキュメントを保存しようとするとエラーが出るようになっている。)


また、他社は契約すれば全書体使えるし、新書体も追加料金なしで提供してくれる。
よっぽど特別な使い方じゃない限り、別途契約が必要になることはない。

しかしニィスフォントの場合、契約するメリットははっきり言って「全書体(20書体、5書体)使える」ということだけで、使うにも別途契約が必要になることもあり(どんだけ金取るんだ!!)、非常にうるさい。


ちなみに、ニィスフォントにも他社のようにOpenTypeフォント、TrueTypeフォントの両方が用意されているが、はっきり言ってあまり違いがない。
収録文字数はどちらも同じだし(OpenTypeもAJ1-3や1-4準拠とかじゃなくて漢字は第2水準まで、外字は別に買わなきゃいけないし、外字が用意されているフォント自体も一部のみ)あえて言うなら、TrueTypeはPDF埋め込みができるか怪しいから、印刷業界とかでPDF埋め込みが頻繁に必要になるならOpenTypeが確実でしょ、ってくらい。


メリットがなさすぎるんだよね……ニィスフォント。

フォントのデザインは良いものもいっぱいあるのに、なんでこんな自分たちもわからなくなるような売り方をするのだろう…。


……というか、実際に契約して使ってる人ってどれくらいいるんだろう??



わからないね、こういう会社のやることって(´・ω・`)


以上、ィヨロシク!!

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント