トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2014 11/04 (Tue) 19:33

授業完全放棄!?朝から昼まで居眠り

今日の1限と2限は熟睡していた。

別に最初っから寝ようと思っていたわけではない。
学校に着いた途端に激しい眠気が襲ってきたのだ。
授業で2コマも連続で寝たのは初めてだ…。

昔(高校以前)は授業中に居眠りなんてまずしなかったのにな~。
学校に行くことに慣れて、たがが緩んできたのかな。

季節の変わり目で気温差が激しいとかもあるだろうけど、どっちかっていうと現実逃避かもしれない。
好きなことするためには寝る時間も惜しまない人が、嫌な勉強をしようとすると眠くなるアレだ。

しかし寝るのは自己責任でいいことだが、寝てばかりというのも良くない…。

だけども多少は良いと僕は思っている。
この時期はなぜか眠くなりやすいから仕方ないだろう。
そう思わなきゃ生きるのますますつらくなる。



3・4限のグループワーク、ずっと遅れていたが、何とか他のグループに追いつくことができた。

しかし、まだまだ終わったわけではない。
作業をするために、今度は木曜4限が終わったあとにグループで集まることになった。
事情があり、学校ではなく、グループの男子Kの家に行かなきゃいけない。
あまり他人の家には行きたくないんだけど…。

仕方ないとはいえ、次から次へと課題が出て、頭の中が整理できなくなってきた。
これだけ増えてきたら、どれか1つくらいは放棄することも考えていいな。

次から次へと…とは言っても、ひとつの授業で、なんだよ。
それが今日の実習で、グループワークと並行して、個人にも課題を出されているので(それも2つ)、計3つの課題を同時並行で進めることになる。

僕の場合何がつらいかって言ったら、課題の数よりも、同時並行して進めるのが苦手…ってところなんだよね。
これは仕方ないんだよ。僕は発達障害だし。
その辺、配慮していただけませんか…なんて頭下げて教授に言っても、聞いてくれないだろうからね…(笑)。


学校からの帰りにコスモスが咲いているのを見た。
まだ咲いてるんだな、って。
毎年紅葉が見れる時期になったら枯れてそうな印象だったが(笑)。(←印象だけで全然見ていない)

駅では、多機能トイレの前に車椅子の人と、それを押す人がいた。
車椅子のまま入るのかと思いきや、扉の前でいちいち止まって、車椅子の人が立ち上がり、ふらふらと中に入っていった。
わざわざ立ち上がらなくても、そのまま入っていいのに…と(´・ω・`)
でも他人だし、言ってあげようとは思わなかったけどね。



――関東の方で線路に酒店から盗んだ酢の一升瓶を放置し、列車を緊急停止させるという事件が起こり、男が逮捕された。
男は、「自分は不幸で幸せな人を見ると恨みを感じた。欲求不満を解消するため。」と言っていたという。

最近、モノを盗んでどうとかいう事件が増えているよね。
とても日本が平和な国だとは思えないんだけど…。
平和ボケしてるからそう思ってるだけで、実際は日本にはもう昔みたいな人情なんてないし(あってもほんの一部の地域)、汚い国だと思う。

正直、この一升瓶の事件の男の気持ち、僕はわかるんだよね。僕にも過去にそういう時期が何度もあったから。
もちろんやったことは良くないが、ただやったことをとがめるだけでなく、本人の心のケアなんかも考えて行かないといけないと思う。(この男には心療内科にも通っていたらしい。)
そうじゃなきゃ、出所してからまた事件繰り返すよ、きっと。


また、九州の方で空に光る物体が現れたとか言ってニュースになってる。
強い光を放ち落下していき、途中で消えたようだが、それって火球でしょ、って…。

Twitterでは、隕石だのUFOだのと騒がれていたようだが、光ったものが落ちてきて、途中で消えたんだったら火球しかないじゃん…。
特にUFOなんて現実的な考えじゃないね。

小学校、中学校時代不登校期間が長く、常識のない僕でもそれくらいはわかるわ…。
変なことで騒ぐんだね、みんな。
さすがに地に落ちたら事件になるしびっくりするけど。



まぁつらくても、生きるしかないよね。

以上、ィヨロシク!!


140912_090848.jpg


≪追伸≫
最近コナンの主題歌をよく聴くんだけど、この曲めっちゃいいんだよね。
『100もの扉』(愛内里菜&三枝夕夏)

携帯などで見れない場合はこっち
壁ばかり…と思っているものも、見方や考え方次第で扉になるのね…(´;ω;`)
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント