トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2013 11/19 (Tue) 05:56

火曜3限、棄権します!!takumiの大きな決断

まただ…。

何がって?
眠れず未明に目覚め、そのあとは目が冴えてもう眠れない。



早朝覚醒”というのだろうか。
火曜日は決まって眠りに就いてから4時間ほどで目覚め、また、悪夢にうなされて目覚めることも多い。

今日も悪夢にうなされ、目覚めた時に激しい息切れがしていた。
また、目覚めた直後は悪夢のせいか、激しい頭痛もしていた。
 


考えられる原因はもちろんこの火曜日の授業。
1限から5限までみっちりあるだけでなく、嫌な授業が積み重なっている。


その中でも特に、3限の授業が問題なんだよな。

あの日(→☆彡)に嫌なことを言われてから、この3限の講師(以下、S・N)が嫌いになった。

でも自分でわかってるつもりだ。
そこまで嫌なこと(大したこと)は言われてないって。
だが受け付けないのだ、S・Nだけは。

別の授業でも嫌なことを言われたことはあった。(大学教授なんてカワリモノの集まりだからね。)
だけどもそこまで根に持つことはなかった。


例えば前期の英語(一般教養)の授業で嫌なことを言ってきた先生K・N(当時の日記で“ある授業”と書いたのがこの英語の授業→☆彡)。

しばらくは気にしていたが、今のS・Nほどではなかった。

実はこのK・N先生には今も前期と同じく英語でお世話になってるんだけど、この先生のことはむしろ気に入っている。
(自分で言うのはアレだが)真面目にやっている僕のことをかなり評価してくれているし、僕自身もこのK・N先生は大好きだ。


K・N先生の件に比べたら、S・Nの件なんて全く大したことはないだろう。

しかし、正直に言うと、嫌なことを言われるずっと前からこのS・Nに関しては受け付けない「何か」があった。

僕は“この人なんか受け付けないな~”と思ってしまった時点でその人と関わるのはもうムリなんだよね。
もちろんそれでも関わらなきゃいけないことはあるし、だからと思って無理して関わっても、大きなストレスになることが多い。



――ストレスを増幅させないために、このS・Nの授業は【棄権】(単位をわざと取らない、放棄)することに決めた。

と言っても、「あ~、もうやめたやめた~~。」とは思えない。
棄権すれば、自分にかなりの罪悪感を感じてしまうし、よくないことであるのはわかってる。

でも前期には取れる限界の26単位まで取ってるから大丈夫。
前期には頑張りすぎ(また自分で言ってしまったw)ってくらい頑張ってこれだけの単位を取得した。
だから後期は少し自分を甘やかして、1つだけ棄権して、他の授業を頑張ろうと考えた。

後期は23単位分の科目を履修している。
S・Nの授業を棄権すれば(他の授業の単位は無事取れたとして)21単位になり、1年生のうちに47単位取得、ということになるが、1年生でこれだけ取れていれば問題ないだろう。


“棄権”という決断がいいことか悪いことかは別として、時には大きな決断することも大事だと思っている。

それに、嫌で、授業に出るたびにしんどくなるのに中途半端に出て【不可】の評価になるよりかは、あえて棄権した方がまだマシなはずだ。
この授業のことでしんどくなったせいでS・Nの授業(3限)のみならず、あとの4・5限の実習にまで出れなくなったこともあったし、またそうなれば本末転倒だ。

そう考えれば、S・Nの授業を棄権してこの授業の時は90分の長~い休み時間として使おう、と考えた方がずっと効率はいいはず。



これほど大きな決断をしたことは大学始まって以来なかったな~。

この3限の授業の単位を落としたせいで単位が足りず卒業できない、なんてことはないだろう。

でもどこかでその分しんどい思いをする可能性はある。

けども、そうなった時は自分で撒いた種と思い、学習して、頑張ろうと思う。
まだ社会人になって社会に出て働いてるわけじゃないから、そういう「間違い」(時にはわざと間違ってみたりとか)ができる時だしね。
もちろんいいことではないけど…(汗



以上、ィヨロシク!!



131115_191542.jpg
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント