トップへ

NEWブログ内での自作フォントの価格表示を今までの税抜から「税込」表示に変更いたしました。BOOTHでの価格表示(以前からずっと税込表示)と同等になっただけですので、ご購入時の価格には一切変更ありません。今後ともよろしくお願いいたします。

わたしにはパパだけ…愛を捨てたレジーナ
2013/11/14 10:43
『会いに来たよ!
レジーナふたたび!』

鑑賞終了した。



今回から超久々にまたレジーナちゃんが登場!!

でもまだ敵のまんまなんだよな(´・ω・`)
早くまたマナたちの味方になって、マナと結ばれてほしい(*´ω`*)



ベールがジョー岡田に変身してたけど、マナたちにはバレバレだった。

ベールって、一見頼りがいのあるクールな男性、って感じだけど、ちょっとマヌケなところもあるよねw
(いっときはイーラやマーモを屈服させてて怖い感じだったけどね。)

ジコチュートリオ自体、いろんなアニメによくある毎回やられ役の敵キャラではあるが、イーラやマーモにはまだかわいさとか、どこか憎めないところがあるよね。
だけどもベールは偉そうだし、その割にマヌケだし……ジコチュートリオの中でいちばんいらない存在なんじゃないの?ww(←言いすぎ)



――レジーナちゃんは、本当に、本気で、「わたしにはパパ(キングジコチュー)しかいない。」と思っているのだろうか…?
これまでのおはなしを見ている限りでは、単に自分の父親はキングジコチューで、逆らえないだけ、に見える。
父親に操られてるような感じだしね。

ただ、レジーナちゃんにとっては“パパ”であることには変わりない。
だからレジーナちゃんには“パパ”が好きな気持ちはあって当然だし、それは何もおかしなことではないと思う。


親は、子供がどんな悪いことをしても、見捨てるなんてことはできない。

それと同じで、子供だって、親がどんな存在であっても、何をしても、見捨てることはできない。

だからどっちかがその気持ちを裏切っちゃダメなんだよね。

レジーナちゃんの父親であるキングジコチューには、レジーナちゃんだけは常に愛してほしいと思う。
全てを敵に回しても、世界を壊すようなことをしても、レジーナちゃんだけは父親として、愛し続けてほしいと思う。



久々の鑑賞日記だったな(^_^;)

次回にも期待して、ィヨロシク!!

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント