トップへ

NEW販売中のTKフォントすべてを単体購入時の30%OFFで購入できる「TKフォントコンプリートパック」の販売を開始しました!(→詳しくはこちら

NEWTKフォントのライセンスを追加購入できる商品を販売開始しました。これにより1アカウントにつき1つしか同一商品を購入できないBOOTHでも、後からTKフォントライセンスの追加が可能となります。(→詳しくはこちら

発想の転換!?ストレス発散の新たな手段
2012/11/20 22:05
先日の話。
名付けて『発狂でスッキリ大作戦!!』。
(参照⇒☆彡




今のところ、2日に1回程度の割合で歩いているが、歩く時は人や建物など、周囲を確認した上で発狂するようにしている。



思ったんだよ。


これまでの僕は…
「発狂しないようにするにはどうすればいいか?」
それを考えていた。


だが、アスペルガーはストレスをためやすい。
また、その発散の仕方も下手だ。


発狂以外にストレスする発散できる方法はないか、と思っていたが、なかなか見つからない。
発狂以外の方法でストレス発散できても、無性に発狂したくなる時はやっぱりある(大抵きっかけはない)。



だからこれからは…
「どこで発狂したらいいか?」
そう考えることに。


つまり、発狂をストレス発散の方法のひとつとして、自分の中で認めてやることにした。


周りに迷惑がかかるとか、そんなこと以外にも、「発狂は気違いのすることだからやってはいけない」という僕の中での常識(偏った考え?)みたいなものが、僕を締め付けていた、というのはあると思う。



だから時間や場所などを考えて、発狂することにした。



そうしなきゃストレス発散できない障害だもん。
そういう特性だもん。
仕方ないよ。


「発狂ダイスキ!」だから発狂してるわけではない。
それでスッキリする面があるのは確かだが、しなくていいに越したことはない。


もうイイワケみたいに聞こえるかもしれないけど、僕、こんなだから、発狂しなきゃどうしようもないのだ。
それが僕のストレス発散のひとつになるなら、そうする以外ない。




――“発狂”だけでなく、体を動かしながら発狂する…つまり“ウォーキング”を組み込むことで、よりスッキリできるのだ!


例えば発狂する時に、同時に腕を早く動かす、体を強くひねる、脚をジタバタ動かす‥‥などすると、心にたまっていたものが一気に外に放出できる。 そんな気分になれる。



そして最後(発狂した直後)は必ず「笑う」
これもストレス発散のひとつだが、発狂したあとの罪悪感を軽くする効果がある。
僕が実際にやって感じたことだから間違いない。(←ホンマかいな~w)




――アスペルガーの人は、僕のこの考え、ぜひ参考にしてほしい。
「発狂してはいけない」ではなく、「発狂するのもひとつの手段」として考えると、だいぶん楽になる。



……それでもしんどい時はしんどいけどね(笑)。


以上、ィヨロシク!!

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント

Re: タイトルなし
神風イワンさん、お久しぶりです。

ある程度は開き直った方が生きやすいなぁと、最近思うようになりました。
発達障害はそうやって工夫して生きていくしかないでしょうし…。
こんにちは。お久し振りです。
この記事、とても参考になりました。
私もこうやって考えていこうかと思います。
ありがとうございます。