トップへ

サンキュー!!あかねが伝えた想い
2012/10/24 16:02
スマイルプリキュア!


『熱血!?あかねの初恋人生!!』
鑑賞終了した。




外国人留学生のブライアンと出逢ったあかね。
「日本のコト教えたる!」と、3週間を一緒に過ごしていたらあっという間。
そして気づかぬうちに、あかねはブライアンのことが好きになっていた…。




あかね
「(想い伝えると言っても)…どうせもう…会うこともあらへんやろ…。」

みゆき
「……本当にそれでいいの…?
…なんて言うか…それは、たぶん……
あかねちゃんらしくないよ。」


ビューティ
「誰かを好きになることは、素敵なことです!」

ウルフルン
「何だかんだ言ったところで、最後は別れちまって終わりなんだろ?
そんなモン、無意味で無駄なだけじゃねぇか!?」


ハッピー
「意味がないなんて…そんなの……寂しいよ…。」

サニー
「(意味がないなら何なのか)今のウチにはまだわからん…。」

サニー
「離れ離れになったとしても、一緒に過ごした時間は、消えへん!
それが…無駄なわけあってたまるかー!!」





誰かを好きになる気持ち…


僕も経験したなぁ。
ずっと片想いだったけどね(笑)。




僕だったら、M・Hさんへの片想い…
最初は自分でもよくわからなかった。


M・Hさんは、僕が小学4年だった頃(2004年度)に僕の学校に転校してきた女の子で、ちょっと気のきつい感じだった。
小学5年(2005年度)で同じクラスになったんだけど、その当初はあまりいい印象がなかった。


今でこそ好きな女の子って言えるけど、当時はかなり性格が悪いという印象があり(単なる僕の思い込みだったかもしれない)、別の同級生の友達の男子とも、「M・Hって嫌い、最低やな。」とか話していた(今考えたら、そんな陰口を言う僕の方が最低だ)。


だが偉そうにそんなこと話してた僕は、実はその頃は不登校気味で、欠席することが多かった。
どんどん教室に入って授業受けれる回数が減って、それができない時は欠席か、出席でも「会議室登校」(保健室登校と同じような感じ)だった。



――好きになったきっかけはよくわからないんだけど、思い当たる節があるとすれば、同じく小学5年の12月に、『>○○小フェスティバル』(以下、イベント)っていうのがあって、その時だろうか。
高校とかでいう“文化祭”みたいな感じのイベントなんだけど、僕もこれには少しだけ参加した。


ビックリしたよ。
イベント当日、僕は会議室にしばらくいて、勇気出して外に出て、まずは自分の教室に向かった。
そうしたら教室にいた同級生数人が、僕が久々に教室に顔を出したことに対して喜んでくれたんだけど、そこにはM・Hさんの姿もあった。


なんとM・Hさんは、「○○くん(※takumi)待ってたんやでー!!」と…。
それまでこれと言って関わりもなかったのに、そう言って出迎えてくれた。
この時に僕の心のどこかで、恋が芽生えたんじゃないかって思う(不思議だけどな)。



M・Hさんとは、小学校の間はずっと一緒のクラス、中学に入学したら1年の時は7クラスあったんだけど、すごい奇跡でM・Hさんと同じクラスになれたのだ!
その時はすごく嬉しかった。


でも間もなく僕は不登校になり、それは中学卒業まで続いた(途中から特別教室に登校してたが)。
当然、M・Hさんと会う機会もなく、そのまま終わってしまった。




あかねが言う、「どうせもう会えないだろう」…。
そう言い聞かせるのがやっとで、好きになった気持ちを簡単に諦めることってできないんだよな…。
一度好きになったら、簡単に嫌いになれるはずないし、その思いって続いていくんだよ。



今の僕は、M・Hさんのことはたま~に思い出すくらいだが、卒業してすぐは諦められなかったよ。
気持ち伝えたかった…ってずっと思って、後悔してた。


同じ町内に住んでるから、会えないことはないけど、わざわざ会いに行くこともないしな。
今でもちょっと後悔してるかも‥(笑)。




それと、最後のシーン“あかねが必死になってブライアンを追いかけ、何とか間に合い、空港で会うことができた…”


こういう話も胡散臭いと思うようになってしまった。
現実的に考えたら、そんなタイミングよく空港に到着できるわけがなく、ブライアンの居場所がすぐわかるとも思えないし、本当に胡散臭い話かもしれないけど、でも、幼い頃にあった純粋な心をなくしてしまったみたいで、なんか寂しくなった……(自分のことだけど…)。



いろいろと考えされられるね、プリキュアは。


18にもなった男がそんなこと言うのっておかしいかもしれないけど、僕はそう思った。




ちなみに今日のじゃんけんは「あいこ」だった。



次回にも期待して、ィヨロシク!!

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント