トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2011 02/03 (Thu) 18:36

テスト依存?!問題と向き合い続けた5時間半

テストやってきた!


今日1日で10教科全部終わらせた!




そりゃ言うまでもなく、死ぬほど疲れた‥。


肩は痛いし首は痛いし目はクラクラするし…。
9時半ごろから15時前まで、約5時間半の間、休みなく問題用紙&マークシートと向き合っていたからな。


そりゃ疲れるわ‥。


でも、考えることの中でも非常に大きかったひとつの難題が、これで解決したわけだ!
それが一番よかったかなv(^^)v




具体的にテストで何の教科をやったかだが、


・ 国語総合
・ 英語I
・ 生物I
・ 音楽I
・ 体育I
・ 保健I
・ 文化理解I
・ ビジネス基礎
・ 簿記
・ 日本史A



――以上の10教科だ。


自主勉強をほとんどしなかった分、問題はよく読み、じっくり時間をかけて回答するようにした。



わりとわかったのは保健I、ビジネス基礎辺りかな。


どっちも授業の内容のテストというよりは、常識を試すテストという感じだ。
だから授業をやってない人でも、常識のある人ならわかるだろう。


一方で、簿記や文化理解I、日本史Aはかなり苦戦した!


日本史A・文化理解Iは、授業にこそ参加してちゃんと聞いていたが、僕、その辺にはまったく興味ないからな。
授業内容もまったく頭に入って来ない上に自主勉強もしてないから、わかるはずなどないのだ。
それでも授業内容を思い出して、そのわずかな記憶を頼りに答えられるところはちゃんとマークシートにマークしたけどな。


簿記は問題に数字がいっぱい出てきて、それだけで混乱してしまった。
電卓なかったから、計算なんかは全部暗算と筆算だけでまかなった(笑)。



とにかく疲れた。


緊張がかなり激しかったからか、常に手はけいれんしていて(震えていて)、マークシートの文字やマークまで震えてしまった。
わからなくなったら、また面倒なことに‥‥発狂しそうになったりした。


学校で発狂しても別に近所迷惑になるわけじゃないが、一度でも発狂したら絶対に部屋からつまみ出されて、白い目で見られて、厄介払いされることなどわかっているんだ
(逆に誰が発狂するような頭おかしい気違いを歓迎するよ?)


だから自分の気持ち必死で抑えて…


イライラの反面、涙出そうになったこともあった。


帰る時だって泣きそうだった。
Twitterでも少しそんなこと言ったよな。
外で泣いても周りは「???」だから、気持ちは抑えるしかないのだ。



また、今の高校に1年通ってて、初めて先生に八つ当たりをしてしまった


僕はいつもなら、顔色こそ悪くても先生たちには普通にふるまって、口調も必要以上に変えずに、ちゃんと敬語で喋っているが、今日は“タメ口”だの“八つ当たり”だの“うなだれ口調”だの‥‥僕もろくなことしないな。
「テスト受けれそう?」って、今日の間に2人くらいの先生に聞かれたのだが、どっちにも返した答えは「受けなしゃあないやん。」だった。


僕って、「仕方ない」って言葉にかなり弱い。
そう言われたり、それに近い表現されるとしんどくなるから、言われる前に自分で言ったという感じだ。
(だからって許されはしないが。)



他で先生と喋る時も、まったく言葉が浮かばなかったり、ちゃんと喋る内容はまとまっているはずなのに、それを言葉として表せなかったり…。


極力「他人にだけは迷惑をかけないように!」って思ってたが、そんなレベル超えて大迷惑だ(苦笑)。
後日ちゃんと謝っておかないとな…。



――話を戻そう。


「じゃあ家なら素直になれるのか?」って言ったらそうじゃない。
基本的に僕、一番素直になれる時って、ひとりでいる時とか、布団にこもっている時だから。
そういう時じゃないと泣けないかな。 なかなか。
(極限まで追い詰められたらまた話も違ってくるが。)




とりあえず今日全部テスト問題は終わらせられたわけだし、大波は去ったが、まだきついな‥。


完全に元気になれるまでは、まだ時間がかかるだろう。
鬱ともなれば、おとなしくしとかないとな‥。
やれないことして悪化させたら元も子もないし。



結果はだいぶ先になるだろう。


マークシートを点検してもらうところに送って、
それをコンピューターに通して点検、
さらにそれをまた人が点検……


気長に待つしかないな。


しばらくしんどいけど、
今後とも僕のブログをごひいきに~。


ィヨロシク…。
関連記事

コメントコメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしています。内容をよく確認した上で投稿してください。間違って送信してしまった場合や、コメントの削除が必要な場合は、その旨を2通目のコメントに書いて送信してください。
  • コメントはtakumiの承認後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。返信は内容により、お時間を頂く場合もありますことをご了承ください。
  • コメントを非公開にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。
非公開コメント