arrow_upward

2024.1.26BOOTHにて新作フォント「takumiゆとり丸ゴシック」を販売開始しました!(→BOOTHへ

This is how to be a hero スカイとプリズム 信じ合う力
2024/01/21(日) 12:00
キュアスカイと最強の力

真の姿・ダークヘッドへと姿を変えたスキアヘッド。
ダークヘッドはスカイたちをアンダーグ帝国へ誘い込み、プリズムを捕らえる。
スカイはプリズムを救うため、"最強の力アンダーグエナジー"を手に入れてしまう…。

キュアノーブルの裏切りの話は、スキアヘッド、改めダークヘッドによって書き換えられた記憶だったんだね。
カイザーを倒した本当の悪はダークヘッドで、アンダーグエナジーという名の「力」を入れる"入れ物"としてカイゼリンは利用されていた…。
今回スカイもアンダーグエナジーの入れ物にされてしまったけど、こうやって利用される人って素直でみんなに優しい人ばかりなんだよね。
ダークヘッドの裏切りを知った時、どれほどつらかっただろうと思う。

プリキュアがなぜ5人なのか…。
マジェスティの推察では、独りで戦うノーブルは寂しかったからじゃないか、と。
昔のスカイランドが守られたのはノーブルのおかげだし、誰もがノーブルに深く感謝していただろう。
でも一緒に戦ってくれる、同じ立ち位置の人がいなければ単なる独りぼっちとも取れる。
現実世界でも、社会的に最も高い地位にいる人や大金持ちなどは孤独になりやすいよね。
それでも対等に接してくれる人がいればいいけど、地位が高い、住んでる世界が違う、そんな理由で距離を置かれたら、それはもう寂しいに違いない。
ノーブルはそんな悲しみや不安とずっと戦ってきたのだろうね。
その痛みはきっと、戦いによって得た傷よりずっと痛かったかもしれない。

また今回、スカイがプリズムを助けるためアンダーグエナジーの餌食となった。
その力で一時はプリズムを倒そうとするも、プリズムは反撃しなかった。
それに応えるかのように、スカイも拳が命中する寸前で攻撃をやめた。
スカイにとってプリズムは、またプリズムにとってスカイは最高の友達なんだね。
プリズムが反撃をしなかったのはスカイを心から信じていたからだと思う。
「力がすべて」とダークヘッドは言うけど、本当の強さってきっとこういうことなのかも。
地位やお金があれば独裁者のように振る舞って、たくさんの武器を調達してその力を発揮することができるけど、心の強さは決して簡単に得られるものじゃないし、ましてや誰もが得られるものでもない。
何度もつまずいては立ち上がって、そういうことを繰り返して長い時間かけて得られる人もいれば、心の強さなんて言葉とは一生無縁というくらいに得られない人もいる。
未だヒーローとして未熟な部分を受け入れつつも、今自分ができる最大限の力を発揮したスカイも、友達を信じて真っ向から向き合うことを貫き通したプリズムも、どちらも格好良かったよ。

そしてカイゼリンも、スカイたちと友達になれて良かったね。
カイゼリンは結果として道を誤っただけで、自分なりにヒーローとして、その道を信じて今まで生きてきた。
スカイたちだって、今後同じように道を誤ったり、見失ったりすることがあるかもしれないけど、そんな時は仲間が手を差し伸べてくれるだろう。
本当の力とは何なのか、ヒーローとは何なのか、考えさせられることがいっぱいな回だった。

それでは今週も…
みんなのココロの空、ハレワタ〜レ♪

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント