arrow_upward

2024.1.26BOOTHにて新作フォント「takumiゆとり丸ゴシック」を販売開始しました!(→BOOTHへ

Watch from everywhere 新たな映像技術 活用分野は…!?
2024/01/21(日) 18:00
昼寝の最中、FUJIWARAの原西が夢に出てきた。
気付いたら僕は知らない場所にいて、そこに原西がいて一緒にテレビを見ていた。
美味しそうなパスタソースをテレビで紹介していて、原西も食べたことがある、と。
だからもし欲しければ買ってくれるというのでお願いしようと思ったら、なぜか僕は疲れて寝てしまった。
夢の中で寝るというのが何とも不思議な体験だ…。
でも原西に会えたのは嬉しかったな(夢だけど)。

事情があって明後日はオンライン会議に参加する。
慣れないオンライン会議アプリをまた使うことになるのか。
それに実際に会うよりも疲れるんだよな、オンラインって。
オンライン特有の緊張感があるのか、それとも単にオンラインに慣れてないからなのか、何なんだろうね?
前の職場でもオンライン会議自体は何度もしたことがあるけど、緊張感は取れなかったし慣れの問題ではない気がする。
人と実際に対面するのとは違い、映像を介するのって、なんかわからないけど違和感があるんだよね。
今後、もっともっと使われるようになっていくのかもしれないけど…。

映像といえば、新しい映像技術で「ボリュメトリックビデオ技術」なるものがあるらしいね。
いろんな角度から被写体を撮影して、コンピュータで立体空間を再現するそうだ。
固定された位置から映像を撮るのと異なり、スポーツやアイドルのパフォーマンスなどをありとあらゆる角度から楽しめるようになる可能性のある映像技術なんだって。
これを聞いて真っ先に、確実にエロい分野で活用できそうだなと思った(笑)。
ビデオやダウンロード文化の発展にも、エロを見たいという気持ちが大いに後押ししてきたんですよ……といつも聴いているラジオ番組のDJもYouTubeで言っていた。
アメトーーク!か何かで芸人が言ってたけど、VR系のエロもすごいらしいね?
映像技術も進化していくなぁ…。
まさしく「かがくのちからってすげー!」だよね。

以上、ィヨロシク!!


DSC_3843.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント