arrow_upward

2024.1.26BOOTHにて新作フォント「takumiゆとり丸ゴシック」を販売開始しました!(→BOOTHへ

Get back her mind! 救い出せ! 怒りと悲しみのカイゼリン
2024/01/14(日) 10:30
守れヒーロー! みんなの街!

「カイザーは何百年も生き続ける」という民の噂話からカイザーを倒す決断を下したエルレイン。
そして父であるカイザーを失ったカイゼリンは、自らを犠牲に強大な力を得る。
青の護衛隊が出動するも、スカイランドのバリアは壊されランボーグが大量発生してしまう…。

カイザーは何百年も生き続ける…。
だからエルレインはカイザーを恐れて、カイザーを倒す決断に至ったのかな。
それにしてもエルレインの目つきや計画的な行動は、優しい印象のエルレインとは真反対だった。
今作においてわかりやすい悪はアンダーグ帝国だが、いったいどちらが悪なのだろう…。
そういったことを考えさせられた。

カイゼリンは悲しかったに違いない。
エルレインによって父であるカイザーを失ったのだから…。
「戦いが生むのは悲しみだけ」と言っていたカイゼリンが憎しみに支配され、プリキュアのみならずスカイランドのみんなを戦いに巻き込んだ…。
戦うカイゼリンの瞳からは、悲しみしか感じられなかったな、僕は…。
カイゼリンが自分で言っていたように、「傷が痛むのではなく、心が血を流している」と……本当にその通りなんだと思う。
和平交渉も結び、やっとカイゼリンが望んだ戦いの無い世の中が実現できると思ったらこの有様だものね。
もしかしたらそれ以上に、心から信じて和平に応じたエルレインがとんでもない裏切りを起こしたこと、それが何より悲しかったかもね。
エルレインに、仮に他に事情があったとしても、スカイランドとアンダーグ帝国、互いが交わした約束事を破ったことは紛れもない事実なので、そこはいかなる理由が他にあっても容認できない。

カイゼリンが怒りから引き起こした戦いからみんな、もそうだけどカイゼリンを救うため、過去にプリキュアの敵だったカバトンやミノトン、バッタモンダーも駆けつけて助けてくれた。
みんなカイゼリンの支配下にいて当時は逆らえなかったけど、きっとどこかでカイゼリンの悲しみを感じていたんじゃないかな。
カイゼリンだって好きで戦いを続けていたわけじゃないはずだ。

しかしカイゼリンはどうにか平静を取り戻したけど、黒幕はやはりスキアヘッドだったか…。
今までの流れから、薄々気付いていたけどね。
スキアヘッドは改心するのか、それとも倒されてしまうだけなのか…。
何にせよ、カイゼリンが助けられ、プリキュアとの戦いに応じられる状態になるといいけど…。

それでは今週も…
みんなのココロの空、ハレワタ〜レ♪

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント