arrow_upward

2024.1.26BOOTHにて新作フォント「takumiゆとり丸ゴシック」を販売開始しました!(→BOOTHへ

Remember everything! 繰り返される歴史 忘れられた約束
2023/12/17(日) 12:00
アンダーグ帝国の優しい少女

300年前のスカイランドでアンダーグ帝国と戦い続けるキュアノーブル。
ノーブルは戦いを止めるようカイゼリンと話し合いを試みるも失敗する。
カイゼリンへの怒りに飲まれたノーブルは、その後さらなる悲しみを味わう…。

まさかソラが使えるというスカイランド神拳の伏線回収がこんなところであるとは…。
序盤でよくわからないネタを投げて、それっきりになるかと思っていたのでスッキリした(*^^*)
スカイランドの復興、みんな頑張っていたね。
でも300年も昔の世界が見られるだけでなく、そこの人たちと会話ができるんだから、マジェスティクルニクルンの力ってすごいなぁ。

「戦いが生み出すのは涙だけ」って、前回もカイゼリンが言っていた言葉だけど、本当にその通りだよね…。
しかし300年前、エルレインは「力がすべて」というカイザーと話し合いで向き合おうとしたけど、結局カイザーは戦いを終わらせようとしなかった。
結局戦いって、自分と違う考え方が存在していること、またそれが自分では制御できないという事実が怖くて生まれているものだと思う。
カイザーのような悪者は、そんな人たちを力でねじ伏せてしまえば、その恐怖から脱却できると思ってるわけだ。

だけどエルレインも、戦いを止めないことに怒りをおぼえて、あるいは守りたい人たちがいたからか、自分自身が怒りに飲まれながらカイザーと戦った。
その結果、父であるカイザーを庇おうとしたカイゼリンを失いかけ、エルレインはスカイランドとアンダーグ帝国の間で和平を結ぶ宣言をした…。
人間って誰しも例外無く、大きなものを失わないと小さなことに気付けない、愚かな存在なのかな…。
それはアンダーグ帝国のみんなも、スカイランドやソラシド市のみんなも同じなのだろう。

カイザーは臆病者だったと思うけど、それでも娘であるカイゼリンのことは心から守りたかったはず。
そしてエルレインも、国民みんなを守る責務をまっとうしたかったと思う。
守るために、戦いをこれ以上引き起こさないために戦いが続くのは、何と言えばいいか…。
エルレインは怒りに飲まれてしまったわけだけど、だからってカイザーを放置していたら、スカイランドは壊滅していただろう。
そう思うと何が正解かなんて、誰にもわからないよね…。
強いて言うなら、最初から憎しみなんて生み出さないことが正解かもしれないけど、人同士で生きていく以上、どうしても憎しみが生まれることは避けられないからね…。

だけど、戦いでたくさんの涙が流れることに心を痛めていたカイゼリンは、何をきっかけに心変わりしちゃったんだろう?
お父さんと同じことを繰り返さないでほしいな…。

それでは今週も…
みんなのココロの空、ハレワタ〜レ♪

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント