arrow_upward

2024.1.26BOOTHにて新作フォント「takumiゆとり丸ゴシック」を販売開始しました!(→BOOTHへ

Along the way to your future! ましろと紋田の秋物語②
2023/12/03(日) 12:00
プリズムシャイン! 心を照らして!

コンテストに出す絵本が思うように描き進められず悩むましろ。
そこで紋田に絵本を読んでもらうも、ましろの言葉で紋田は怒り、絵本を破ってしまう。
ましろが泣き崩れる一方、逃げ出した紋田はスキアヘッドに遭遇し――。

今回も紋田さんとましろちゃんのお話か。
この2人、すごく気が合ってると思う。尊いな〜。

今回はちょっと悲しいお話でもあったけど、ましろちゃんは本当に優しい子だね。
紋田さんと会って、絵本を破られたこと、今まで嘘をつかれていたことへの悲しみもあったと思うけど、きっとそれ以上に、紋田さんの力になれなかったことへの悲しみが大きかったんじゃないかな。
紋田さん(バッタモンダー)に限らず、カバトンやミノトンも含め、アンダーグ帝国のみんなは力を持っていないと無価値だという烙印をスキアヘッドから押されてしまう…。
だからアンダーグ帝国の一員としての利用価値が無くなった紋田さんは、スキアヘッドにいつ見つかるかと怯えながら生きるしかなかった…。
その悩みや悲しみも、ましろちゃんは感じちゃったんだろうね。
そして誰かが決める価値に左右されながら生きる姿を、ましろちゃんは自分と似ているように感じ取った。

周りからの評価だったり、褒められることだったり、そればかりを目指して生きることは、きっと誰もが多かれ少なかれしていると思う。
自分の意思を持って堂々と生きている人でも、どこかで周りの目線を気にしていることは必ずあると思ってる。
人間である以上、誰かに褒めてもらいたいという欲や、周りからどう思われているだろうというネガティブな気持ちは、誰一人例外無く持っているはずだからね。

ソラは特に正義感が強いから、紋田さんがバッタモンダーだった時にやってきたことは決して許せないんじゃないかと僕も思っていたけど、「反省しているなら私から言うことはありません」と…。
ソラもましろちゃんと同様に優しい子だけど、それにしても本当に強くなったなぁと思う。
僕がソラやましろちゃんの立場だったら、そう簡単に紋田さんを許すことはできないかも…。

紋田さんはましろちゃんたちによって助けられ、絵本を破いたことに関して、ちゃんとましろちゃんに謝ることができた。
自分を信じて生きていくと決め、スキアヘッドに反抗することもできた。
ましろちゃんも紋田さんも、自分がどうしていけば良いのかお互いに悩んでいる時期に出会った。
だからきっと、いや必ず、これからますます良い友達になっていけるんじゃないかな。
お互いがお互いの生き方についてまた見失ったら、支え合っていける、これからもそんな関係で居続けられるといいね。

絵本コンテストも大賞だなんて素晴らしいな。
木から落ちてしまった落ち葉くんの未来はむしろ自由で、どんな生き方でもできる…。
ましろちゃん、きっといい絵本作家になれると思うよ。
自分のことを強い心で、強く信じて、周りの人にも尽くせる、そんな強さを持ってる子だから。

それでは今週も…
みんなのココロの空、ハレワタ〜レ♪

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント