arrow_upward

2024.4.10Adobe Fontsで「takumi書痙フォント」(2フォント)が使えるようになりました! Adobe CCを契約している方は、該当フォントをアクティベートすることで今すぐお使いいただけます。(→Adobe Fontsへ

I couldn't sing it through... なれなかった無敵のアイドル
2023/12/01(金) 22:00
今朝のラジオ番組でBE:FIRSTのリクエスト特集をやっていたので「Gifted.」をリクエストしたところ、オンエアしてもらえた。
昼の番組でも同じくリクエストしていたaikoの「星の降る日に」をオンエアしてもらえた。

昨日の夜のラジオ番組では、英検の面接(二次)試験まで進んだけどあと一歩のところで不合格だった、という中学生のリスナーのメールが読まれていた。
二次試験、緊張するよね…。
ぜひ次こそは頑張ってほしいな。
そんなことを番組専用ハッシュタグ付きでXでポストしたんだけど、リスナーの子は気付いてくれたかな…?
その番組内で森大翔もりやまとの「ラララさよなら永遠に」をリクエストしたところ、名前を呼んでもらえた。
また、昨日カラオケでYOASOBIの「アイドル」を初めて歌ってみたらめっちゃ難しかったってメールを送ったら、それも読んでもらえた。
ほんと、「アイドル」って歌うの難しすぎない!?
歌う前は、若干早口っぽいところがムズイかな?と思ったんだけど、それに加えて歌っぽく歌えないんだよ。
DJも序盤をアカペラで歌ってみてその感想を言ってたけど、「これじゃなんかただ早口言葉言ってる人みたいだよね」と。
マジその通りで、全然歌にならない…。
今年めっちゃヒットした曲だし、タイアップの【推しの子】もYOASOBIも大好きだけど、僕は星野アイのようなアイドルにはなりきれなかったようだ(笑)。
アイドル道って険しいんだなぁ。

ちなみに「Spotifyまとめ」によれば、僕が今年一番聴いた曲はまさに「アイドル」だったようだ(画像はクリックorタップで拡大)。
7295c962-7.pnga66969f3-b.png
この曲がめちゃめちゃ人気になった理由は、上手く説明できないけどわかる気がする。
最初から最後までがサビみたいな盛り上がり具合もそうだし、僕が特に好きなのは、たかだか3分半の楽曲の中で物語ができ上がっているところ。
いい曲を作ってくれたなぁと感心する…。
英語版の「Idol」も日本語の歌詞と似た音で韻を踏んでいたり、本当に天才だなと思う。
ヒット曲を作ってるすべてのアーティスト、本当に、心からリスペクトするし、憧れちゃうよね。
まさしく孤高の存在というか…。

以上、ィヨロシク!!


PXL_20231129_005327125.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント