arrow_upward

2024.4.10Adobe Fontsで「takumi書痙フォント」(2フォント)が使えるようになりました! Adobe CCを契約している方は、該当フォントをアクティベートすることで今すぐお使いいただけます。(→Adobe Fontsへ

The forget-me-not still lives 涙腺崩壊 夏の不朽の名作
2023/07/30(日) 18:00
地球温暖化(Global warming)の時代が終わり、「地球沸騰化」(Global boiling)の時代が来たと誰かが言ったそうだ。
地球沸騰化の和訳は、正式に採用されることになるのかな?
本当にこの暑さは、ニュースでいうところの「命に関わる危険な暑さ」「災害級の暑さ」だと思う。
これから僕らはどうやって、この環境と向き合っていけば良いのかな…。

今日はアニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」をdアニメストアで見ていた。
夏にピッタリの作品だと思ったから、ふともう一度見てみようかな、と思ったのだ。
日曜の昼寝を回避するためでもあったけどね。
いやぁ、ほんと心が苦しくなるし、泣ける作品だよ…。
もう何度も見てるから、序盤を見てる段階ではもうそんなに泣けないんじゃないかと思うけど、とんでもない。
呼吸が苦しくなるくらいつらくなるし、泣けてくる。
むしろ見れば見るほど、という感じかな。
昔の僕はあまりアニメとかドラマとか映画とかの悲しいパートを見ても泣ける性格では無かったのだが、今は真逆と言っても良いくらいに変わったかも。
「あの花」に限った話ではないが、その展開がつらすぎて見たくない、と思う作品もあるもの…。
自分は人を亡くしたとかではないものの、家族や赤の他人との人間関係にまつわるトラウマを抱えているので、トラウマの本質というか、それとの向き合い方だったり、どうすれば克服へと近づけるか、丁寧に描かれていると思う。
アニメ放送当時、僕もこの作品に出てくる主要キャラと同年代だったから、作中で出てくるネタも「めっちゃ懐っ!」ってなったりね。
人がいつか亡くなるなんて誰もが共通認識を持っている不変の事実だけど、そんなのが無かったらな…とか考えてしまう。
今の一秒一秒を大事に生きていきたいな、と作品を見て改めて思った。

以上、ィヨロシク!!


IMG20220711174917a.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント