arrow_upward

2024.4.10Adobe Fontsで「takumi書痙フォント」(2フォント)が使えるようになりました! Adobe CCを契約している方は、該当フォントをアクティベートすることで今すぐお使いいただけます。(→Adobe Fontsへ

Anyone can be a hero! 正義を貫く! キュアスカイ誕生!!
2023/02/05(日) 10:00
わたしがヒーローガール!? キュアスカイ参上!!

平和なスカイランドで誕生したプリンセス・エルがカバトンによって誘拐された!
スカイランドに住むソラ・ハレワタールはプリンセス救出のためカバトンを追う。
その最中、ソラはソラシド市に住む少女・虹ヶ丘にじがおかましろと出会う。

ヒーローガールって変な言葉だな、ヒロインで良いんじゃないかと思ってたら、作品タイトルの「ひろがる」と「Hero Girl」をかけていたのね。
ヒーローとヒロインの呼び分けをしないのも、ここ数年のプリキュアと同様に多様性への配慮かな。
今作は男の子のプリキュアまで出てくるそうだから楽しみだ(*^^*)

ソラ、見知らぬ敵に身を賭して立ち向かっていくとは頼もしいなぁ。
しかし、ましろちゃんがソラの手を握った時に手の震えを感じたように、怖くないわけがないよね。
逆に偉そうな態度を取ったり、武器を振り回したりして強がっている人は、とても強い人とは言えないし、そういう態度を取ることで恐怖心から自分を守っているだけだもの。
今までのプリキュアもそうだし、他のヒーロー・ヒロインが登場するアニメやドラマもそうだし、現実で危険と戦っている人たちも、怖いと感じないはずがない。
ソラいわく、「相手がどんなに強くても、正しいことを最後までやり抜く。それがヒーロー!」。
実際、ソラはプリキュアになっていない状態で、しかも体はボロボロだったのに、カバトンやランボーグの前に立ちふさがった。
カバトンはそんな彼女を見て尻込みしていたよね。
力がすべてだとか思い込んでる敵は、相手の心の強さには勝てないんだな。
だからこそ力を使って相手をねじ伏せるんだよ。
誰だって恐怖は感じるし、恐怖を感じない強者なんているわけないけど、自分が感じる恐怖と適切に向き合って、それでも守りたい人を助けようとする…。
ソラからは、そんな強さを感じた。
とはいえ無茶をしない戦い方も、これからプリキュアとしてやっていくために身につけていって欲しいな。
新シリーズ、彼女らの成長が楽しみだ♪

それでは今週も…
みんなのココロの空、ハレワタ〜レ♪
(いい感じのシメ言葉が浮かばねぇ…)

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント