トップへ

NEWTKフォントはWindows 11、及びmacOS 12 Montereyに対応しております。よくある質問(→こちら)の「対応OS」をご確認ください。

What's behind of it all? 光の裏には闇 有名人の自決
2022/05/11 18:00
不眠は続いていて、体も心も冴えないというか、グッタリだ…。
この頃は下痢の頻度が多いし、薬を飲んでも改善しない。
完全に精神的ストレスによるものだ…。
訪問看護師に話したりしているが、それでもいろいろ溜め込んでいる感じが自分でもする…。
ちゃんと話したつもりでも話せてなかったりね。

ダチョウ倶楽部の上島竜兵さん、自宅で首を吊って亡くなったそうだ。
朝のニュースで流れ、仕事に行く前からビックリした。
死因っていろいろあるけど、その中でも自殺って聞いただけで苦しい…。
テレビで見せている姿とか、表に出しているものだけじゃ判らないことがたくさんあるんだな…。
物事って複雑に絡み合って1つの結果を生むから、コレが悪いアレが悪い、誰々が悪くて誰々がそうでないとは一概に言えないけど、いろんなものを抱えていたのだろう…。
ご冥福をお祈り申し上げます。

この上島竜兵さんの話と関係無く、最近「死」への恐怖感をリアルに、強く感じている。
僕は別に病気とかではないが、当然ながらまだ若いからって自分にもいつ死が訪れるか判らないからね。
幼い時、家庭環境もあったからかもしれないが死が異常に怖い怖いと思っていた時期があった。
その頃にもよく似ているのだが、また違う形で、もっと深い意味でそう思う。
10代の頃は来世がどうとか幽霊がどうとかオカルト的なものを信じていたのだが、いつからかそう思わなくなった。
きっと人間はいつの時代も、そういうものを信じて生きることで、誰しも必ず等しく訪れる死への恐怖から逃げていたのかなと思ったり。
そういう心の拠り所を信じなくなった途端にいきなり怖くなった感じがする。
最近は、SNSである人(特定の誰かではない)の投稿が突然途絶えて、しばらくしてから家族などが「亡くなった」旨を代筆するのを見る機会も出てきた。
イラストとかいろんな作品を発表していた人、いろんなツイートをしていた人が、もうこの世にはいないと思うとやっぱりつらい…。

このブログを10年以上僕が続けているのは、自分が生きてきた証を残したいから、っていうのもある。
自分が生きてる間でも、過去のことは忘れてしまうこともたくさんあるし、誰も代わりに思い出すことはできないし、そうなったら悲しいからね。
いつか必ず訪れる死に備えて、後悔しないように生きていきたいな。
昔よりも深い意味で、最近はそう思うようになった。

以上、ィヨロシク!!


IMG20220412153238.jpg

コメント

  • 名前と本文は必ず入力してください。
  • 法人・組織・サークル等の代表者、その他屋号をお持ちの方は、それを「名前」欄に併記してください。
  • 「送信」クリック後の確認画面でパスワードの入力欄がありますが、いたずら防止のため、後からコメント内容の修正・削除はできないようにしております。内容をよく確認した上で投稿してください。
  • コメントはtakumiが承認した後に反映(公開)されます。反映したコメントには、基本的には同じ記事のコメント欄にてtakumiが返信します。内容により、返信にお時間を頂く場合や、返信できない場合もあります。予めご了承ください。
  • コメントを非公開(takumiだけが見られる状態)にしたい場合は、「非公開コメント」のチェックをお忘れなく。また、非公開コメントで返信が必要な場合は、必ずメールアドレスを入力してください。そのメールアドレス宛にtakumiが返信します。

※非公開コメントで返信希望の場合は必ず入力してください。

非公開コメント