arrow_upward

2024.4.10Adobe Fontsで「takumi書痙フォント」(2フォント)が使えるようになりました! Adobe CCを契約している方は、該当フォントをアクティベートすることで今すぐお使いいただけます。(→Adobe Fontsへ

#76 キュートな映え文字 まるもじ体
2024/04/10(水) 00:00
ダイナコムウェアからリリースされている「まるもじ体」というフォント。読んで字のごとく、かつて10代の女の子の間で流行った丸文字をイメージして作られたフォントだ。 DynaSmartシリーズを契約している人なら誰でも利用できる。 今回は「まるもじ体」について、僕が思うことを話そうと思う。 まず「まるもじ体」とは、こんなフォント↓ ひらがな・カタカナや漢字、アルファベット、記号類まですべて丸文字風に作られている面...
#75 毛筆テイストのデザインフォント
2024/03/10(日) 00:00
フォントワークスからリリースされているフォント「古今江戸」。毛筆のテイストが取り入れられたデザインフォントだ。 フォントワークスLETSやmojimo-live(※1)を契約している人であれば、誰でも利用できる。 今回は「古今江戸」について僕が思うことを話そうと思う。 まず「古今江戸」とは、こんなフォント↓ 充分な太さがあり、遠くから見ても目立ちやすいデザインで、かつ文字を並べた時に安定感がある。 老舗の看板や商品...
#74 なぜ? 消えたヒラギノファンシー書体
2024/02/10(土) 00:00
ヒラギノフォントのラインナップに、ちょっと風変わりなデザインフォントがある。90年代に販売されていたフォントパッケージ「ファンシー書体集」に収録されているフォントだ。 またこのパッケージに収録されていたフォントに関する特集記事が、ヒラギノフォントの公式noteにて昨年12月に掲載された。 今回は、なぜか幻となってしまったファンシー書体について、僕が思うことを書き綴ってみようと思う。 まず「ファンシー書体集...
#73 迫力抜群! バキバキの「ひびゴシック体」
2024/01/10(水) 00:00
ダイナコムウェアがリリースしているデザインフォント「ひびゴシック体」。文字通り、太いゴシック体に「ひび」のような加工を施したフォントだ。 『ダイナフォント総合カタログ』によると、このフォントは2005年頃にリリースされたらしい。 同社のフォントサービス「DynaSmart V」や廉価版サービスの「DynaSmart T」に収録されている他、単体でダウンロード購入することもできる。 2024年最初となる今回は、「ひびゴシック体」...
#72 太さは長所か短所か? 超極太の「ボルクロイド」
2023/12/10(日) 00:00
モリサワが2023年新書体としてリリースしたフォント「ボルクロイド」。 直線のみで構成されたデザインフォントで、とにかくめっちゃ太いフォントだ。 「Morisawa Fonts」や「MORISAWA PASSPORT」のサブスクを契約している人なら、誰でも利用できる。 2023年最後となる今回は、「ボルクロイド」について思うことを書いてみようと思う。 まずボルクロイドとは、こんなフォント。↓冒頭で軽く紹介したように、太さの限界に挑戦した...
#71 変幻自在のバリアブルフォント
2023/11/10(金) 00:00
最近話題になっている、新しい技術を用いて作られたフォント「バリアブルフォント」。従来のフォントと異なり、文字のウェイト(太さ)を自由自在に調整できるフォントだ。 今回は、そんなバリアブルフォントについて思うことを話そうと思う。 (なお、バリアブルフォントはそのフォントによって、ウェイト以外の見た目も調整可能な場合があるが、この記事では「ウェイト」にのみスポットを当てる。) まずバリアブルフォントと...
#70 新しいフォントサービスはふぉんとに大丈夫?
2023/10/10(火) 00:00
先月、Adobe Fontsにて数日に渡りフォントが利用できなくなる障害が発生した。趣味でフォントを使っている人ならまだしも、仕事でフォントを使っている人たちにとっては致命的といえるトラブルだ。 実際、SNSにもそういった投稿が上がっていた。 今回はAdobe Fontsもそうだが、近年主流になりつつある新しいフォントサービスについて、思うことを書いてみようと思う。 まずAdobe Fontsについてよく知らない人のために軽く説明す...
#69 筆文字なのにキュート? 江戸文字「風雲」
2023/09/10(日) 00:00
NIS Fontのラインナップに『江戸文字「風雲」』というフォントがある(以下、「風雲」)。毛筆のテイストを持つデザインフォントで、NIS Fontのサブスク「NIS Ticket」を契約していれば利用できる他、単体での購入も可能だ。 今回は「風雲」について、思うことを話そうと思う。 まず「風雲」とは、こんなフォント↓ フォントの名前の中に「江戸文字」が入っているが、荒々しい筆文字のイメージからはやや遠い。 筆文字特有の堅...
#68 乙女チック☆なデザインフォント「ココン」
2023/08/10(木) 00:00
2022年秋にモリサワからリリースされたフォント「ココン」。乙女チックで可愛らしい印象を持つ、明朝系のデザインフォントだ。 Morisawa Fontsや旧サービスのMORISAWA PASSPORTに収録されているので、契約者であれば利用できる。 今回は「ココン」について、僕が思うことを書いてみようと思う。 まず「ココン」とは、こんなフォント↓ 明朝体のようなテイストを持つが、明朝体よりもずっとカジュアルでキラキラとしている。 こ...
#67 眼精疲労にご用心? 目に刺さる「イカヅチ」
2023/07/10(月) 00:00
2022年の秋、モリサワが新書体としてリリースしたフォント「イカヅチ」。 文字通り、雷が落ちた時の衝撃を思わせる力強いデザインフォントだ。 Morisawa Fonts、もしくは旧サービスのMORISAWA PASSPORTに収録されているので、契約者であれば利用できる。 今回は、モリサワの新書体「イカヅチ」について、思うことを書いてみようと思う。 まずイカヅチとは、こんなフォント↓ 大きめの文字サイズで組むと、力を発揮しそうなデザ...
#66 シン時代のゆるふわフォント「くろかね」
2023/06/10(土) 00:00
フォントワークスからリリースされているデザインフォント「くろかね」。「フォントワークスLETS」の契約者が使える新書体として、2008年に発表された。 現在ではLETSだけでなく、mojimoシリーズにもこのフォントが収録されているので、契約者であれば使うことができる。 今回は「くろかね」について、思うことを書いてみようと思う。 まずくろかねとは、こんなフォント↓ 文字を組むと、整然としているのにかわいらしく、はっ...
#65 「喋る」デザインフォント? G2サンセリフ
2023/05/10(水) 00:00
かつてリョービイマジクスからリリースされていたデザインフォント「G2(ジーツー)サンセリフ」。2011年に同社のフォント事業がモリサワに譲渡されてからは、モリサワから販売されるようになった。 現在では「Morisawa Fonts」か旧サービスの「MORISAWA PASSPORT」、もしくは「TypeBank PASSPORT」を契約していれば誰でも利用できる。 今回は「G2サンセリフ」について、思うことを書いてみようと思う。 まずG2サンセリフとは、...
#64 J-Font.comの大改革とLETSのさらなる大改悪
2023/04/10(月) 22:00
先月、デザイン性の高い毛筆フォントで定評のある白舟書体が使えるフォントサービス「J-Font.com」(ジェイフォントドットコム)で新たに昭和書体の取り扱いが始まるという告知があった。毛筆フォントファンの僕にとってはこれほどまでに嬉しいことがあるだろうかと思うくらい感動的なニュースだ。それに関連してフォントワークス(以下、FW)からは「昭和書体に関するサービス提供を終了」する旨の告知がなされ、それについてもい...
#63 ダイナフォントの黒歴史? 細丸ゴシック体
2023/03/10(金) 00:00
ダイナコムウェアが販売している「細丸ゴシック体」「中丸ゴシック体」「中太丸ゴシック体」という3つの丸ゴシック体フォント。具体的なリリース時期は不明だが、90年代後半に発売された初期のダイナフォントのパッケージ製品には既に収録されており、現在ではダイナコムウェアが販売している「DynaSmart」シリーズに収録されている。今回は、これら3つのフォント「細丸・中丸・中太丸ゴシック体」について思うことを話そうと思う...
#62 天使?悪魔? 不思議なフォント「タカハンド」
2023/02/10(金) 00:00
モリサワからリリースされているフォント「タカハンド」。文字を並べた時にリズミカルに見える、POP書体の良さと手書き風書体の良さを混在させたようなフォントだ。1987年に誕生し、現在ではMORISAWA PASSPORT、及び新サービスのMorisawa Fontsのラインナップに含まれているので、契約者なら誰でも利用できる。今回は、そんな「タカハンド」について思うことを話そうと思う。まず「タカハンド」とは、こんなフォント↓モリサワの書...
#61 人気者の「麗雅宋」にライバル現る!?
2023/01/10(火) 00:00
2022年秋、MORISAWA PASSPORTと新サービス「Morisawa Fonts」の利用者向けに多くの新書体がリリースされた。これまでのモリサワフォントのラインナップには乏しかったデザインフォントが多く発表され、モリサワフォントを利用している人からの反響も大きかったんじゃないだろうか。2023年最初となる今回は、新年をキラキラと輝かしいものに彩ってくれそうなフォント「翠流ネオロマン」について話そうと思う。まず「翠流ネオロマン...
#60 POP体らしいPOP体 ポルA体
2022/12/10(土) 00:00
NIS Fontのラインナップに、「ポルA体」というフォントがある。実際にPOPで採用された実績のある同ブランドのフォントの中でも魅力的なPOP体のひとつだ。2022年最後となる今回は、「ポルA体」について思うことを話そうと思う。まずポルA体とは、こんなフォント↓マーカーなどで大胆なPOPを作れる職人さんが描いた文字をそのままフォント化したような感じだね。実際、NIS Fontの公式ブログによると、このフォントをデザインしたクリ...
#59 味わい深いデザイン楷書体「魏碑体」
2022/11/10(木) 00:00
ダイナコムウェアが販売している「魏碑体」(ぎひたい)というフォント。『ダイナフォント総合カタログ』によると、1996年頃には既にリリースされていたようだ。かつて販売されていたダイナフォントのパッケージ製品の多くに収録されており、現在でもDynaSmartシリーズを契約している人は利用できる。今回はこの「魏碑体」というフォントについて、思うことを書き綴ってみようと思う。まず魏碑体とは、こんなフォント↓古代の遺物を...
#58 心豊かなデザイン隷書体「豊隷」
2022/10/10(月) 00:00
フォントワークスが販売している「豊隷」(ほうれい)というフォント。同社の製品リリースノートによると、2002年の新書体として発表されたらしい。「フォントワークスLETS」のラインナップに含まれているので、契約者なら誰でも利用できる。リリースからちょうど20年……だからというわけではないが、今回は「豊隷」というフォントについて話そうと思う。まず豊隷とは、こんなフォント↓フォントワークスの書体見本ページでは、「隷...
#57 バイバイモリパス ハロー新サービス
2022/09/10(土) 00:00
モリサワが提供しているフォントのサブスクリプション「MORISAWA PASSPORT」(以下、モリパス)。モリサワフォントをはじめとした多数のフォントを利用できるサービスで、2005年に提供が始まり、現在まで続いている。しかし先月、このサービスが2028年度に提供終了されることが発表され、同時に後継となる新しいサービス「Morisawa Fonts」が来月4日にリリースされることも発表された。今回は、長年続いたモリパスと、これから始ま...