トップへ

takumiの日記兼、自作フォント紹介ブログ。
2018 03/16 (Fri) 12:44

TK-takumiステンシルフォント

 どんなフォント?丸みを帯びた文字に、ステンシル調の加工を施したフォントです。それぞれの文字は、今にも踊り出しそうな軽快なイメージを持っています。また、文字を構成する線の太さに、あえてばらつきを持たせることで、より遊び心が感じられるデザインになるよう制作しました。ひらがな・カタカナ、英数字、一部記号類のみのフォントですので、漢字が必要な場合は、お持ちのゴシック体などのフォントと混植してお使いく...(つづき)
2017 06/07 (Wed) 16:16

TK-takumiハイカラフォント

 どんなフォント?大正時代の日本をイメージして制作したフォントです。文字を構成する線には、まるで筆ペンで書いた時のような太さの抑揚をつけ、ただ古めかしいだけのイメージでなく、「かわいらしさ」「親しみやすさ」を融合させました。また、できるだけ短い曲線で構成し、所々で線を途切れさせることで、広い空き地で遊ぶ昔の子供のような「無邪気さ」を持たせています。文字通り、「ハイカラ」なイメージを持たせたい時...(つづき)
2015 11/03 (Tue) 22:06

TK-ステルスゴシック

 どんなフォント?いわゆるインラインフォント(袋文字)です。多くのインラインフォントは太めのゴシック体や丸ゴシック体に縁を付け、主に見出しやコピーなど、強調したいフレーズに使うもの、というイメージがあります。そのため、大きなサイズで使った方が活躍するように思えます。しかしTK-ステルスゴシックは、細~いゴシック体(M+フォントのthinウェイト)に細~い縁を付けました。もともと細~いゴシック体ではある...(つづき)
2015 06/02 (Tue) 07:33

TK-takumiゆとりフォント

どんなフォント?TK-takumi書痙フォントよりもユル~いイメージになるよう、仮名文字の中に意識して空間を作り、文字通り“ゆとり”を持たせたフォントです。名前の由来としては、同時に、ゆとり世代であるtakumiが作ったフォントだから、ダサさがゆとり世代っぽい?から、という、自虐的な意味も込めています(笑)。比較的自由なイメージの手書き風フォントと違い、ちょっぴりデザインフォント寄りのコンセプトで制作しました。TK-...(つづき)
2015 02/27 (Fri) 06:58

TK-飴鞭ゴシック

どんなフォント?自由なライセンスで公開されているフォント『M+フォント』をベースに、フォント作成ソフトの一括処理機能を用いて制作したフォントです。当ブログで販売しているフォントの中では一番の人気を誇っています。文字の線端に丸みとトゲの両方があります。それぞれを「飴と鞭」にたとえて『飴鞭ゴシック』と名付けました。元のフォント(M+フォント)の特徴が失われない程度の個性がありますので、本文や見出し、ちょっ...(つづき)
2014 07/09 (Wed) 13:27

TK-takumi書痙フォント

このページは、Webフォントサービス「FontStream」を利用して、『takumi書痙フォント』で表示しています(表示に時間がかかる場合があります)。どんなフォント?フォント好きで、でもただのユーザーだったtakumiが初めて自分で作りきった完全オリジナルフォントです。フォントや漢字が大好きで、でも書痙に悩んでいるから整った字が書けないtakumiがその気持ちをフォントにぶつけるために、ペンタブで1文字ずつ書いて作りました。...(つづき)
2010 01/01 (Fri) 00:00

自作フォント 購入のご案内

「BOOTH」という販売サイトを通してのご購入になります。ご購入時にはpixivへの会員登録が必要です。会員情報をお持ちでない方は、お手数ですが先にご登録ください。ご購入前の注意事項フォントのご購入前に必ず「使用条件」をご確認ください。ご購入頂いた方全てが、使用条件をお読みになり、かつ同意して頂けたものとみなします。使用条件をお読みになり、同意された上でフォントをご購入・ご使用頂けた方だけを、takumiは正規ユ...(つづき)